あらい歯科ブログ

歯医者で行うレントゲンの重要性と安全性について。その被曝量とは?妊婦さんでも問題ない?

2017年4月19日 (水)

町田市で歯医者にかかろうとしているけれど、妊娠中でレントゲンを撮影するのが不安という方もいらっしゃるかもしれません。

歯医者にかかると、たいていレントゲンを撮られます。レントゲンというと、体に悪い気がてしまうので、撮りたくないような気持ちになることもありますよね。しかし、町田市の歯医者できちんとした治療を受けるには、レントゲンが必要になります。

 

 

そもそも歯の治療をする際、歯というのは表面だけを見ていても、歯の中にある虫歯を発見する事は出来ません。ですが、虫歯は見えないような場所にも出来ているものです。

例えば、歯と歯の間に出来てしまった虫歯を発見するには、目で見ただけでは確認出来ない事もあります。また、治療をして詰め物をした歯であっても、その下の歯の虫歯が進行している事もあります。もしも虫歯が進行していたら、目で見て確認出来ません。こういった時もレントゲンだと確認が出来るのです。

また、歯根の中の神経の治療では、特にレントゲンが必要となります。根の治療は特に難しく、レントゲンを使えば複雑な根の形や神経の有無を調べたりする事が出来ますし、根管の治療後には根管充填の状態も調べます。肉眼だけでは確認しきれない歯根の中は、レントゲンでチェックしながら治療を進めます。

歯だけに限らず、レントゲンを使うと骨の状態も見れますので、歯周病により骨が溶けていないかどうかも確認出来ます。親不知(おやしらず)の状態を見るのにもレントゲンを用います。

 

 

しかし、治療を行う度にレントゲンを撮られると、気になるのが被曝量です。健康に被害は出ないかと心配にもなります。

ですが、人間は普通に生活をしていても被曝しています。自然界から浴びる放射線被曝量は年間にして、平均で約1.5~2.4ミリシーベルトとなっています。一方、歯医者で1枚のレントゲンを撮影する際に浴びる放射線量は、口の外から顎全体を撮影するパノラマレントゲンでは0.02ミリシーベルト、口の中にフィルムを入れ、外からX線をあてて撮影するデンタルレントゲンでも0.01ミリシーベルトとなっています。

万が一、妊婦さんが撮影されてしまっても、撮影箇所が口の辺りに限られており、被曝量も少ない事から、まず胎児への影響もないと考えられています。しかし、念の為、撮影をしないという歯医者さんも多いので、妊娠中であることを、先に伝えておくと安心です。

町田市の歯医者でも、一般的には治療の前にレントゲンを撮影しますので、妊娠中の方は最初に申し出ておき、不安を解消して治療に臨みましょう。


カテゴリー: 豆知識

インプラントオーバーデンチャーとは

2017年4月8日 (土)

町田市の歯医者・あらい歯科クリニックでは、一本二本の歯の欠損だけでなく、時に残存する歯が無いという方の治療を行うこともあります。こうした患者様の場合には、いわゆる総入れ歯と呼ばれるものを適用する事が多いですが、総入れ歯には様々なデメリットがあります。通常入れ歯やブリッジは残存する歯に固定しますが、総入れ歯は固定する支点が無いので、粘膜で固定することになります。しかし、そうなると固定力が著しく低くなり、食事中にズレてしまったり、食べ物が隙間に挟まったり、様々な不具合が生じてしまいます。さらに咀嚼力が大きく低下してしまうので、これまで大好きだった食べ物が食べられなくなるという悲しい事も起こってしまうのですが、インプラントで一本一本歯を埋め込んで行くとなると、莫大な費用が発生してしまいます。

このように残存する歯が無い場合、総入れ歯でもインプラントでもデメリットがあるわけですが、これらの折衷案とも呼ぶべき治療法がインプラントオーバーデンチャーと呼ばれるものです。一般の方にはあまり馴染みの無い言葉かも知れませんが、インプラントオーバーデンチャーとは総入れ歯を粘膜ではなく、インプラントの土台に固定するという発想で生まれた治療法です。

インプラント治療では顎に土台を埋め込みますが、通常この上に人工の歯を一本かぶせて治療を行います。しかし、これでは前述の通り一本一本の場合にはかなりの費用になりますし、治療期間もバカになりません。しかし、インプラントオーバーデンチャーでは、2~4本のインプラントの土台を利用して、総入れ歯をがっちりと固定することが出来るのです。固定方法はボールタイプと呼ばれる接合部がボール状になっているもの、またバータイプと呼ばれるものなど様々なものがありますが、いずれにせよ粘膜よりもはるかに強固に固定することが出来ます。

またこうしたインプラントオーバーデンチャーではインプラントの土台を全ての歯に対応させて挿入する必要は無いので、一本一本インプラントを埋め込むよりもはるかに費用を抑えることが出来ます。(通常2~4本のインプラントを埋め込むことで、インプラントオーバーデンチャーが可能です)このようにこれまでの総入れ歯とインプラントの両者のデメリットを解消し、それぞれのメリットを伸ばすことが出来るインプラントオーバーデンチャーですが、最近では町田市にある当院でも比較的よく選ばれるものになっています。こうしたインプラントオーバーデンチャーを含む、様々な治療法の可能性についてカウンセリングを受けることが出来るので、費用やメリットやデメリットなど、気になることがあればぜひじっくりとご質問下さい。


カテゴリー: 豆知識

顎の骨が少ないとインプラント手術は受けられないの?

2017年4月6日 (木)

町田市の歯医者・あらい歯科クリニックでは、日々様々な治療が行われますが、ここ数年で飛躍的に知名度を増しているのはインプラントの治療です。これまでは入れ歯やブリッジが当たり前だったのですが、新たに審美性や耐久性に優れたインプラントが登場したことから、多くの方が美しい歯を取り戻しています。そんなインプラントにはまだまだ誤解や知識不足の点も多いので、町田の歯医者にも多くの方が様々な疑問を持ってカウンセリングに訪れますが、中でも多いのは顎の骨が少ないとインプラント手術が受けられないのかという疑問です。

確かに、インプラントは顎にインプラント体という土台を埋め込むという性質上、十分な顎の骨が無ければ手術を行うことは出来ません。手術時の安全はもちろん、その後インプラントが安定して定着するためには顎の骨の厚みは必須の条件なのですが、そもそも歯を失う際に顎の骨が薄くなってしまっている方もいます。日本人が歯を失う原因の多くとして歯周病が観察されますが、歯周病は歯槽骨を溶かしてしまうという病気なので、結果的に歯周病で歯を失った方は顎の骨もやせ衰えている方が多くなってしまいます。また歯周病で無くとも、先天的な骨格の形状により顎の骨が少ないということもありますし、その他の原因で顎の骨が薄いということもあります。

こうした方の場合、すぐにインプラントの手術を開始するという訳にはいかない事が多いのですが、もちろん諦めるという事では無く、適切な手順を踏めば安全に手術を行うことが出来ます。様々な方法が考案されていますが、町田市にある当院でも多くの方が利用するのが骨移植と呼ばれるものです。

 

文字通り骨を移植するというものですが、患者様ご自身の別の箇所の骨を移植する場合や人工の骨を移植する場合など、いずれにせよ薄くなった顎の骨を補強することを目的として骨移植を行うことが可能です。こうした骨移植は手術後にすぐインプラントの手術に移れる場合とそうでない場合があります。骨移植のみ行って待つ場合、半年程度は移植した骨とご自身の骨が結合して強固になるのを待って、その後インプラントの手術という流れになります。

 

このように顎の骨が薄い方でも、こうした骨移植の過程を行えば十分手術を適用することが可能です。もちろん手術の工程が一つ追加され、さらに半年程度の結合期間を設ける必要があるので、トータルでは手術に必要な時間は大きく伸びてしまいます。しかし、前述の通りこの工程は安全にインプラントを埋め込むためには必須の工程であり、その後長くインプラントを安定させるためには非常に重要なことです。ぜひ町田市にある当院のカウンセリングで綿密な治療計画をお立ての上、安全にインプラント手術を開始して下さい。

 


カテゴリー: 豆知識

インプラント手術時は痛くないのでしょうか?

2017年4月4日 (火)

インプラントは町田市にある当院でも選択される方が多いですが、その手術過程を聞いて不安を覚えるという方もいらっしゃいます。確かに、歯をドリルで削る虫歯治療でも痛みは不安なのに、インプラントの手術は外科的な手術も伴うので、その痛みに関して不安に思う方も多いでしょう。実際に当院でもこうした手術時の痛みに関しての不安を抱えている方も多いですが、ここではインプラント手術時の痛みについて見ていきましょう。

まずそもそもインプラントの手術はどのような流れで行われるのかを見ていきましょう。インプラントは外科的な手術を伴うと書きましたが、これは顎にインプラントの土台を埋め込むという工程が必要なためです。インプラントはこの土台を顎に埋め込み、しっかりと固定することでその安定性を生み出しますが、歯の欠損した部分の顎骨に穴を開けてそこにインプラントの土台を埋め込みます。その後数ヶ月骨とインプラントが結合するのを待ち、まるでネジで固定するように人工の歯を土台に差し込むという作業を行うのですが、こう書くとかなり大掛かりな手術をイメージする方も多いでしょう。

実際インプラントは、普段歯科クリニックで行われる治療とは一線を画するほど大掛かりで大変な手術なのですが、結論から申し上げると手術時の痛みは全くありません。インプラントの手術を行う際には通常の虫歯や抜歯などの歯科治療で利用する局所麻酔が適用されるので、物理的に痛いということは一切無く手術を行うことが出来ます。もちろん虫歯の治療と同じように、痛みは無くても不安や恐怖を感じる方も多いでしょうが、そんな方には静脈内鎮静法と呼ばれる治療を行っているクリニックもあります。これは鎮静剤を点滴し、意識が薄れて来た中で治療を行うものですが、全身麻酔と違い完全に意識が途切れる訳ではありません。いわば睡眠前のまどろむ状態で手術を受けることが出来るのですが、もちろん局所麻酔も適用されるのでリラックスした状態で無痛で手術を受けることが可能です。

このようにインプラントの治療は町田市の当院でも全く痛みを感じること無く終えることが可能です。もちろん大掛かりな手術ではあるので、不安に思う方がいるのも当然ですが、そうした方は静脈内鎮静法などを併用すると、手術の不安や恐怖もほとんど無く治療を終えることが出来るでしょう。これまで手術時の痛みや恐怖を避けるために、インプラントを諦めていた方も、最近ではこうした様々な手術法が適用されているので、ぜひ貴方が最もリラックスして受けられる方法を選んで下さい。

インプラント手術中の痛みが不安な方も、町田市の歯医者・あらい歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。

 


カテゴリー: 豆知識

はるばる鴨川

2017年4月4日 (火)

DSC_0296.JPG DSC_0297.JPG

おはようございます!
町田市玉川学園にある歯医者の、
あらい歯科クリニックの新井です。

今日は、2ヶ月ぶりにサーフィンに来ました!
湘南に波が無さそうだったので、がんばって千葉の鴨川まで来ました。
天気は快晴!ですが、肝心の波はいまひとつ(>_<)
もう少し潮が引くのを待ってから、軽く入ります。久しぶりだから、立てるかな〜(^-^)/


カテゴリー: 未分類

TEL 042-739-4682