あらい歯科ブログ

歯ブラシの交換頻度

2017年4月29日 (土)

町田市には健康な歯をキープするために、毎日の歯磨きを心がけている人がたくさんいます。しかし使用する歯ブラシの毛先がしっかりと歯に当たっていなければ、歯垢や食べかすなどを除去することはできません。歯ブラシは使用回数が増えるにつれて左右に開くようになり、この開きが大きくなると歯にしっかりと毛先を当てることが難しくなります。当然のことながらこのような歯ブラシでは、歯をきれいにすることはできません。では歯ブラシを交換するベストなタイミングとはいつなのでしょうか?

この点を歯医者さんに相談すると、多くの場合「一か月を目安にしてください」という答えが返ってきます。一日三回歯を磨くと、歯ブラシは一か月で約九十回使用されることになります。そのため使用から一か月後の歯ブラシはかなり使用感が出てきます。

しかし一か月間使用した歯ブラシを見ても大きな開きがないために、まだ使用できると感じることもあるでしょう。このような考え方は間違えではありません。それでも一か月後に新しい歯ブラシを購入して使用してみると、歯についた汚れが非常によく落ちるように感じられます。歯ブラシの毛そのものは長期間の使用によって弱くなることがあります。そのため開きがそれほどないものでも、汚れが落ちにくくなることがあるのです。見た目は何ともないものの、歯磨きをしても何となく汚れが残っている感じた場合は、交換時期と考えるべきです。

もしかすると一か月に一度のペースで歯ブラシを交換することは、少し早すぎる気がすると感じる人もおられるかもしれません。しかし町田市にはたくさんのドラッグストアが存在します。そのようなところへ行けば歯ブラシは非常にリーズナブルな価格で販売されています。むし歯になって治療を行うよりも、毎月歯ブラシを交換してむし歯を予防するほうが、経済的な面でも精神的な面でも安心できます。

また一か月以内であっても、歯ブラシが広がってきた場合は交換するのがベストです。また町田市のドラッグストアなどでは歯ブラシの毛が固い素材でできているものが販売されており、こうしたものを購入する人もいます。このようなものは歯ブラシの毛が丈夫であるために、比較的長く使用することができます。しかし歯医者さんは同じ歯ブラシを長期間使用することを勧めていません。その理由は歯ブラシの汚れです。細かい毛で構成されてる歯ブラシには、汚れが容易に入り込んでしまいます。加えてそれらを除くことは困難であり、汚れた歯ブラシを長期間使用すると健康に害が及ぶことがります。そのためいくら丈夫であっても、歯ブラシに汚れが溜まった場合はすぐに交換するべきです。

もし歯ブラシの交換のタイミングがいまいちわからないなら、歯医者さんに行ってその点を尋ねることができます。歯ブラシの寿命は歯磨きの仕方や歯並びによっても異なりますので、プロの意見を聞くのが一番です。

 

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682