あらい歯科ブログ

喫歯を磨かなくても虫歯にならない人がいるのですが、体質によるものなのでしょうか?

2017年7月23日 (日)

歯を磨かなくても虫歯にならない人がいます。体質によるものなのか、ほかに理由があるのか、疑問を抱いている人もいるでしょう。

歯の強さといった遺伝の影響も多少ありますが、普通の人よりもミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌が少ないことが理由の一つです。

ミュータンス菌にもっとも感染しやすいのは、1歳7か月~2歳7か月ごろとされています。

この時期に、エサとなる糖分を取る機会や、大人から移される機会が少なかった人は、虫歯になりにくい歯を維持することができるのです。

ミュータンス菌が、糖分をエサにして酸を作りだすことにより虫歯ができます。ゆえに、もともとの原因が少ない人は、虫歯になるリスクも減るのです。

その他に、唾液の量と質、噛み合わせのバランスも原因となります。

唾液には、口の中を洗い流して虫歯菌が増殖しないようにしたり、殺菌したりする作用があります。

口の中は食後、酸性状態になるのですが、唾液の作用で中性に戻し、歯が溶けないようにする働きもしています。

また、酸によってわずかに溶けた歯のエナメル質を、再石灰化によって元に戻す働きもしているのです。

ところが、唾液量が減ってネバネバしてくると、口内が洗い流されなくなるため、虫歯菌が増殖してしまいます。

唾液の減少により、食後の口の中がなかなか中和されなくなって、酸性状態が長引くことにもなるのです。

そのことから、歯のエナメル質が酸によって溶かされる時間も長くなるので、再石灰化が間に合わなくなります。こういったことが原因で、虫歯ができてしまうのです。

噛み合わせのバランスも大きく影響しています。例をあげると、上下の前歯であまり噛まない人は、奥歯の負担が大きくなります。

すると、通常よりも大きな負担が奥歯の表面にかかるので、歯のエナメル質にひび割れが生じてしまいます。

歯のエナメル質に生じたひび割れが原因となり、虫歯になってしまうのです。奥歯だけではなく、噛み合わせの負担が普通よりも大きな歯は、虫歯になりやすいというわけです。

歯を磨かなくても虫歯にならない人は、歯医者に行く機会が少なくなります。そのため、歯に異常が起きていても気づきにくくなります。虫歯が無くても、歯石を取らずに放置してしまうと、歯周病になってしまいます。

このようなケースは少なくないので、たとえ虫歯にならないとしても、歯医者で定期検診を受けることをおすすめします。

町田市周辺にお住まいであれば、町田市には定期検診を受けられる歯医者がたくさんあるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

町田市の歯医者は、歯科医や歯科衛生士の対応が良いと評判です。院内も清潔な歯医者が多くあります。

歯に異常が起きていたとしても、早期であれば短期間で治療が終わります。早期発見、早期治療を心掛けてくださいね。

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682