あらい歯科ブログ

歯周炎の原因とは?

2017年8月3日 (木)

歯周炎は、何が原因で起こってしまうのでしょうか? 最近では、プラーク(歯垢)が虫歯の原因であることは広く知られています。

実は、プラークは歯周炎の原因にもなるのです。プラークは無数の細菌と、その細菌が生み出した物がくっついた塊です。

プラークが、歯の表面や歯の隙間、歯と歯茎の間にこびりついて、周りの組織に刺激を与えることにより歯周炎を引き起こします。

歯周炎は生活習慣病といわれており、発病や進行を促す原因にはいくつかあります。

原因の一つは喫煙です。喫煙によって、血液中の酸素濃度が低下します。そのことが、歯周炎の原因菌が繁殖しやすい環境を提供することに繋がるのです。

不十分な歯の治療も原因になります。十分に歯の治療をせずに不完全な状態で放置していると、歯磨きがしにくくなります。

それによって、プラークの蓄積が助長され、歯周病になりやすくなります。

呼吸の仕方や歯ぎしりも原因の一つです。口呼吸は口の中が乾燥するので、プラークがつきやすく溜まりやすい環境になりますので、鼻炎の方は注意が必要です。

歯ぎしりは歯周組織に負担をかけるので、炎症を引き起こしやすくなります。

食生活も歯周炎の発症に影響します。間食の頻度が多かったり、柔らかい食べ物ばかり食べたりしていると、プラークの蓄積を促します。

ストレスも歯周炎の原因です。ストレスによる免疫力の低下や、間食の回数が多くなることなどが影響するとされています。

歯周炎は、細菌によって歯周組織が破壊される感染症で、慢性炎症です。人間の体は、細菌への感染を防いだり、破壊された組織を修復したりする力を持っています。

しかし、細菌の数が多かったり、攻撃力が強い細菌だったりした場合は、歯周炎が発症、進行しやすくなるのです。

細菌への感染を防ぐ力や組織を修復する力が弱っている状態でも、発病、進行しやすくなります。

口内の細菌の数は、しっかり歯磨きができているかどうかによって変わります。歯周炎を防止するためには、毎日しっかり歯を磨くことが大事です。

しかし、しっかり歯磨きできているかどうかは、自分ではわかりづらいものです。しっかり磨いたつもりでも、プラーク(歯垢)が溜まっている場合も少なくありません。

こういった問題のもっとも良い解決策は、歯医者で定期検診を受けることです。歯や歯茎の状態がどうなっているか定期的に診てもらうことで、歯周炎の防止に繋がります。

町田市周辺にお住まいでしたら、町田市には定期検診を行っている歯医者が多数あるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

歯周炎になってしまうと、歯肉の腫れや出血、歯がぐらつくなどの症状が起こります。

歯のぐらつきが起こるくらい歯周病が進行していると、大掛かりな治療が必要になってしまいます。

そうならないためにも、歯医者での定期検診をおすすめします。町田市には、安心して定期検診が受けられると評判の歯医者が多くあります。

定期的に足を運ぶので、通いやすい歯医者を選ぶといいでしょう。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682