あらい歯科ブログ

ハイブリッドセラミックとは?

2017年9月2日 (土)

こんにちは、町田市玉川学園にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

今回は、ハイブリッドセラミックについてのお話しです。

むし歯の治療を行う上で、詰め物や被せ物の色のチョイスは大きなポイントとなります。本来、歯の治療には金属が用いられます。これには保険が適用され、さらには強度もあるために、ものを噛むために存在する歯の治療には適した素材であるといえます。しかし唯一のデメリットは、金属色が口の中で目立ってしまうということです。誰もが白くてきれいな歯をキープしたいと思うものですが、丈夫で白色をした素材を使用してむし歯を治療するとコストがかかってしまうために、仕方なしに金属をチョイスするという人がほとんどでしょう。

しかし最近では様々な素材が誕生し、それらが歯の治療に使用されるようになりました。歯の治療に用いられる白い素材といえばセラミックですが、このセラミックよりもコストを抑えたものが作られ、話題となっています。それはハイブリッドセラミックです。この素材はセラミックとプラスチックの成分で構成されているものです。しかしプラスチックが混ざっているためにコストが安く抑えられています。おそらく町田市の歯医者で治療を受けたとき、この素材について聞いたことがあるという人がおられることでしょう。

残念ながらこのハイブリッドセラミックは全ての歯に対して保険が適用されるわけではありません。それでもこれまでは保険適用外であった小臼歯の治療費が保険によってある程度賄われます。これは本当に嬉しいことです。しかしハイブリッドセラミックは強い力でものを噛む大臼歯に対してはあまり向いていません。なぜならそれほどの強度を有していないからです。大臼歯で白い被せ物をするならば、やはり耐久性に優れたオールセラミックの被せ物が良いでしょう。

このようにメリットの多いハイブリッドセラミックですが、もちろんデメリットもいくつか存在します。たとえば年数が経つと変色することがあります。また先にも少し触れたように、プラスチックが混ざっているためにセラミックに比べると強度が劣り、すり減ったり、割れてしまうこともあります。しかしデメリットといえばこのくらいで、比較的安い治療費で白い歯を取り戻せるというのは、非常に嬉しいものです。町田市には腕の良い歯医者がたくさんありますので、是非この新しい素材であるハイブリッドセラミックについて尋ねてみてください。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682