あらい歯科ブログ

歯根破折の原因と治療

2017年9月7日 (木)

こんにちは、町田市玉川学園にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

今回は、歯根破折についてのお話しです。

 

町田市にお住いの方で、歯根破折を経験したという人がおられるはずです。この歯根破折とは名前が示す通り、歯の根が割れてしまうことです。多くの場合、歯の根が残っていれば何らかの形で治療を施すことができます。しかし根に問題が生じた場合、歯を抜かなければならないこともあります。ちなみに歯根破折の場合、歯を失う原因の第三位にランクインしており、これがいかに危険な状況かを物語っています。ここでまず覚えておかなければならないのは、これは歯の根が割れることであり、歯の見えている部分には亀裂や破損が見られないことがあるということです。そのため見た目は何ともないものの、歯が痛んだり歯茎が腫れたりする場合は、歯根破折の可能性を疑わなければなりません。そして何かおかしいと感じたなら、すぐに歯医者に行くべきです。

歯根破折の原因は様々です。まず歯をどこかにぶつけてしまったときに、根が割れてしまうことがあります。また神経まで達したむし歯を治療する場合、神経を取るのが一般的ですが、神経治療をすると、歯の根は時間とともに徐々に弱くなってきます。そのため神経のない歯に、歯根破折は起こりやすいのです。また、神経治療のあとに被せ物をする前に使用する金属の土台(メタルコア)も、歯根破折の原因となります。理想的には、メタルコアではなくファイバーコアを使用したほうがいいでしょう。その他にもブリッジや歯ぎしりなどが歯根破折を生じさせることもあります。

失った両隣りの歯を削って、連続した冠でつなぐブリッジは土台となる歯に、今まで以上の負担が加わります。それが原因でブリッジの土台にした歯が破折してしまう事もあります。寝ている間の歯ぎしりも、歯に過剰な負担がかかります。

 

そのため、普段から歯根破折が生じないように注意するべきです。歯ぎしりをする方は、歯医者でマウスピースを作ってもらい、寝る時はマウスピースを装着するようにする。歯を失った場合、安易にブリッジを選択せず、インプラントも考えてみる。また、むし歯も長く放置すると歯根破折の原因となるために、歯磨きをきちんと行うようにするべきです。また急に激しい痛みを感じたり、歯茎の腫れを発見したら、すぐに歯医者で診察してもらうべきです。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682