あらい歯科ブログ

硬質レジン前装冠とは?

2017年10月27日 (金)

神経まで達するような虫歯になってしまい、根管治療をした場合、根管治療が終了した後に被せ物をする必要があります。被せ物をする前にコアという土台を立て、その上に被せ物を装着するという方法が一般的です。

そして多くの場合、被せ物には金属が使用されます。歯医者で使用される金属には強度があり、ものを噛むために存在する歯の治療には適した素材です。しかしそのような金属は歯の本来の色とは異なるために、治療個所が目立ってしまうというデメリットが存在します。特に人の目につく部位の虫歯を治療した際に金属が使用されるなら、見栄えに大きな影響が及んでしまいます。このブログをお読みの方の中にも虫歯の治療を今すぐ行いたいものの、金属が目立ってしまうことに抵抗を感じて今一歩治療に踏み切ることができないという人がおられるはずです。

実のところ、歯の治療に使用される被せ物にはいくつかの種類があり、そのうちの一つが硬質レジン前装冠です。これは前歯部にしか適用されませんが、被せ物の内側は金銀パラジウム合金で、人目に付く外側に硬質レジンという白いプラスチックを貼り付けた被せ物です。つまり強度のある金属が使用されるものの、見た目にも問題のない被せ物なのです。しかもこの治療には保険が適用されるために、セラミックを用いたときのような高額な治療費を支払う必要がありません。もちろんセラミックのような審美性と耐久性はありませんが保険適応ですのでリーズナブルな治療方法と言えます。

このようにメリットの多い硬質レジン前装冠ですが、当然のことながらデメリットも存在します。まず色が白いといっても、セラミックほどの透明感はありません。その理由は裏側に金銀パラジウム合金が使用されているからです。また長期間使用すると徐々に変色してしまいます。さらに長い時間が経って歯肉が退縮していくと、歯ぐきとの境目が黒く見えてしまうこともあります。そして保険が適用されるのが前歯から犬歯のみであるあるために、その他の歯に対してこの治療を施す場合は高額な費用が必要となってしまいます。

やはり、セラミックのほうが見た目が良く、耐久性も勝るわけですが、保険外のため高額な費用がかかります。しかし、歯は長く使うものですから、双方のメリット、デメリットを

良く理解した上で、被せ物を決めたほうがいいと思います。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682