あらい歯科ブログ

自費の詰め物被せ物と保険の詰め物被せ物の違い

2017年11月16日 (木)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

虫歯を治療する方法として「詰め物(インレー)」と「被せ物(クラウン)」があります。

町田市の歯医者でも治療に用いられていますが、詰め物と被せ物は保険適用か自費かにより材質が変わってくることを覚えておきましょう。

・詰め物(インレー): 保険適用の場合

「コンポジットレジン」

コンポジットレジンは、プラスチック素材の為にアレルギーが起きにくいのですが、耐久性が低く使用しているうちに変色が起きます。

「メタルインレー」

一番一般的な銀の詰め物で、耐久性は高くなりますが、

見た目が悪く、金属アレルギーが起きたり、金属の一部が溶けだして歯茎が変色することもあります。

・詰め物(インレー): 自費治療の場合

「セラミンクインレー」

強度も高く、自然な歯に近い色でキレイに仕上がります。

町田市の歯医者でも治療に多く取り入れられている素材です。

「ハイブリッドセラミックインレー」

レジン(プラスチック)とセラミックを混合させた素材です。

レジンより強く、セラミックより安いというメリットがありますが、セラミックよりも強度は低目で変色が起き易くなります。

「ゴールドインレー」

金の詰め物で、強度は高いのですが、見た目が目立ってしまいます。

・被せ物(クラウン): 保険適用の場合

「パラジウム合金」

銀の被せ物で、保険適用の場合、前から6番目以降の歯はこの方法になります。

強度が高いので強い噛み合わせにも耐えら得ますが、金属アレルギーが起きたり、金属の一部が溶けて歯茎が黒くなることがあります。

「硬質レジン前装冠」

主に前歯の被せ物として使用されます。

外側から見える部分はレジンですので白く、歯の裏側が金属になっています。

金属が入っている為に強度は高いのですが、レジンは変色し易く見た目は完璧とは言えません。

・被せ物(クラウン): 自費治療の場合

「メタルボンド」

主に奥歯に使用され、被せ物の外側はセラミックで、内側は金属となっています。

見た目も良く強度も高いので、噛み合わせがスムーズになります。

「ハイブリッドセラミッククラウン」

レジンとセラミックを混合させた素材です。

レジンよりも強く金属アレルギーも起きないのですが、変色し易くなります。

「オールセラミッククラウン」

歯の全てがセラミック素材になっています。

自然の歯と変わらない見た目で審美性が高く、歯垢が付きにくいので歯磨きも楽になります。

強度は高いのですが絶対に壊れないという保証はなく、費用も高くなります。

「ゴールドクラウン」

文字通り金歯で、さびに強く金属アレルギーや歯茎の変色が起きにくくなります。

強度も高いのですが、とにかく見た目が目立つのがデメリットです。

 

町田市には良い歯医者も多く、大抵の場合最も良い治療方法を勧めてくれます。

 

見た目と使い勝手、費用を比較して、納得のいく治療方法を選ぶ様にしましょう。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682