あらい歯科ブログ

フッ素を歯に塗るとどんな効果があるのか?

2017年11月21日 (火)

歯医者に通う機会があった時に「予防歯科」という言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。

最近では予防歯科に力を入れる歯科医院も多くなりました。

歯医者では、フッ素を塗ることで虫歯を予防する治療を行っていますが、フッ素を塗るとどの様な効果があるのでしょうか。

・フッ素を塗ることで得られる効果とは・・・

歯医者でフッ素を歯に塗ることで、以下の様な効果が得られます。

1. 初期の虫歯を修復できる

食事をした後に歯を磨かないと、虫歯の原因菌が糖を分解して酸を産生します。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かします。

しかし歯には自然治癒力があり、これらの成分が唾液と化合することで「再石灰化」して、元に戻ろうとするのです。

虫歯になるのは歯磨きなどケアをしっかり行わず、口の中に酸が増え過ぎて、歯の再石灰化が追いつかなくなった時です。

フッ素を塗ることで再石灰化をサポートできて、初期の虫歯が修復される効果があるのです。

2. 歯質を強化する

フッ素は再石灰化を行う際に、歯の表面のエナメル質と合成反応を起こし、より硬い成分に変化します。

これにより歯質が強くなり、ミネラル分が溶け出しにくくなります。

3. 虫歯菌を抑制する

歯にプラークが溜まると、虫歯菌が増殖して酸を出して歯を溶かして虫歯が発生します。

フッ素を塗ることで虫歯菌を抑制して酸を出さない様にして、虫歯を防ぐ効果があります。

・子供から大人までフッ素が効果がある

フッ素を塗るというと、子供の虫歯予防というイメージがありますが、歯医者に行けば子供だけではなく大人でもフッ素を塗ることができます。

子供がフッ素を塗った方が良いという理由として、乳歯や生えたばかりの永久歯は質が柔らかい為に虫歯になり易いという点があります。

一度虫歯になると進行が早く、しかも小さな子供は歯医者で中々大人しくしていられません。

フッ素を塗ることで虫歯の進行を抑えておき、小学校に入ってから治療を受けられる様にするのが理想的です。

また、永久歯に生え代わり始めた頃は、歯の表面のエナメル質が弱い為に虫歯になり易いものです。

永久歯は一度虫歯になってしまうと良くなることはなく、削っては虫歯が進行して削り直すことを繰り返すことになります。

永久歯が生えてきてから安定するまでの数年間はフッ素を塗り、歯を保護することが必要です。

大人がフッ素を塗った方が良い理由としては、歯周病のリスクを防ぐ為という点があります。

歯周病になると歯の根元が露出して、虫歯になり易くなります。

大人がフッ素を塗ることで歯を強くすれば、歯周病によって露出した歯の根元が虫歯になることを防ぐことができるのです。

虫歯は、なってから治療するよりも、予防することが一番です。

虫歯になりたくないと思っている人は、大人でも子供でもフッ素塗布を受けてみるのがおすすめです。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682