あらい歯科ブログ

根管治療の重要性

2017年9月22日 (金)

町田市の歯医者でもできる根管治療は簡単に言ってしまえば、虫歯の治療ということになります。「なんだ、虫歯の治療ならどの歯科医院でもやっていることではないか」と思われる人もいるでしょう。しかし、虫歯の程度のことを考慮すると軽い虫歯から抜歯の必要な重度な虫歯まであります。根管治療は虫歯でも比較的重度の虫歯をしっかりと治療して歯を残し、後々までにしっかりと歯の役割を果たすことができるようにする非常に重要な治療とも言えるのです。いい加減な根管治療や不完全な根管治療ではいったん歯の治療は終わっても、結局はその歯は長持ちしないことになるので、根管治療をしっかりをすることは自分の歯を残すために非常に重要な治療と言えるのです。

根管治療は、歯医者で行う、歯の中にある神経(歯髄)に炎症や感染が起こっている虫歯の神経を処理する治療です。神経にまで進んだ虫歯は痛みが出ていることが多いので、痛みを除去し感染や炎症をそれ以上広がらないようにするために神経を取ってしまいます。しっかりと根管治療がされていれば、炎症や感染が広がるのを防ぐことが出来ますから、歯は保存されますが、少しでも炎症や感染が残っていれば虫歯はますます進行していることになりますから、いずれは抜歯ということになってしまいます。このことから、いかに根管治療が歯の保存にとって重要であるかが分かるでしょう。

しかし、問題は根管治療を完璧にすることは難易度が高い治療ということです。根管治療の難易度が高くなってしまう理由は、歯は人によって形状がバラバラであるので、人によって治療方法が変わってきます。ある人にとって有効であった治療方法が別の人にとっても有効な治療方法であるとは限らないのです。根管治療ではまず治療をする人の歯の形状の正確な把握が必要となります。

そのため、根管治療は、どうしても時間と回数がかかります。しかし、この根管治療を、

しっかりと時間をかけて確実にやっておくことが、あとあとの歯の寿命につながってくるのです。

虫歯が軽度であれば、根管治療を必要とせず、少ない回数で治療が終わります。

しかし、重度の虫歯の場合、どうしても根管治療が必要な時があります。その時は、

しっかり時間をかけて根管治療をしてもらうようにしましょう。

 


カテゴリー: 豆知識

ジルコニアセラミックとは?

2017年9月17日 (日)

町田市の歯医者の歯科治療で、自由診療で使用する、セラミックで作られた歯は、保険適用の材料で作られた歯と比べるとメリットが多いのは間違いありません。しかし、セラミックといえどもかならずしも万能というわけではなく、セラミックの歯に強い力がかかってしまうと、欠けてしまうことが少なくありませんでした。セラミックの歯を利用している人で噛む力が強いという人はセラミックの歯が破損してしまうリスクが高いということもあったのです。

しかし、同じセラミックでも2005年以降に使用されることになったジルコニアセラミックは普通のセラミックよりも格段に固い材料でできているのでセラミックよりも破損しにくい材料となっています。

町田市の歯医者で歯科治療に使われるジルコニアセラミックのメリットとデメリットとはどういうものなのでしょうか。

ジルコニアセラミックのメリットでは、まず今までのセラミックよりも格段に固いことが上げられます。特に前歯に比べると強い力がかかることの多い奥歯の治療ではセラミックでは使用しているうちに欠けることがあった場所にジルコニアセラミックを使用することで欠けるリスクが大きく減少します。以前のブリッジ治療やインプラント治療では強度が必要な場所は金属を使用することがほとんどでした。しかし、土台などの強度が必要な場所に金属を利用すると審美的に劣ることがデメリットとしてあったのですが、ジルコニアセラミックを使用することにより金属の代わりに使うことができるようになったので、ブリッジ治療やインプラント治療でも審美的にも美しい治療が可能となりました。それにジルコニアセラミックはセラミックですから口中でも劣化したり変色したりすることはなく、アレルギーを起こすこともありません。

一方でジルコニアセラミックのデメリットはまずは治療費が高くなることです。もともとのセラミックでも自由診療ですから治療費は高額になるのですが、ジルコニアセラミックではさらに治療費は高額になってしまいます。それにジルコニアセラミックは歯のエナメル質よりも固いので、かみ合わせによっては、かみ合わせの対面の歯を痛める可能性があるので、かみ合わせはかなりしっかりと調整する必要があります。

高額な治療費が必要となる可能性がありますが、町田市の歯医者でもジルコニアセラミックによってメリットの方が大きいと考える人はジルコニアセラミックによる治療を選択する方も増えてきています。

 


カテゴリー: 豆知識

自費の補綴物は保険よりも細菌がつきにくいのはなぜ?

2017年9月12日 (火)

こんにちは、町田市玉川学園前にある、歯医者のあらい歯科クリニックの新井です。

「補綴物」は、「ほてつぶつ」と読みます。これは、虫歯の治療の際に使用する、詰め物や

被せ物の事を総称して、補綴物(ほてつぶつ)と呼びます。

町田市の歯医者では、虫歯の詰め物として、保険内で詰めることができる詰め物の他にも、自費で詰めることが出来る詰め物があります。

虫歯の大きさや位置にもよりますが、町田市の歯医者では、患者さんによっては自費の補綴物をオススメするケースもあります。

なぜ、自費の補綴物をおすすめするのでしょうか。

なぜなら、歯医者で、虫歯治療をした場合、奥歯の場合には、金属製の詰め物をしても見た目が気にならないことがあります。

しかし、削った箇所が前歯や、犬歯のあたりなどであれば、詰め物が目立ってしまうことになります。虫歯は、詰め物をしなければ完治しませんので、前の方の歯であればあるほど、詰め物が目立ってしまうことに繋がるからです。

このため、虫歯の大きさや場所によっては、自費補綴物をオススメするケースもあります。

しかし、保険での詰め物よりも、自費での補綴物の方が細菌もつきにくく、強度も高いので、良いと言われています。その理由とはなぜなのでしょうか。

まず、自費での補綴物は、素材そのものが、吸水性がないというのが特徴です。保険での補綴物に対して、自費での補綴物は吸水性がないので、水を通しにくいです。このため、黄ばみなどもそうなのですが、落ちやすくなっていますし、細菌も落ちやすくなっているという特徴があります。

このため、歯医者に訪れる患者さんの中でも、自費の補綴物を入れている患者さんは、虫歯も少ない傾向があります。

また、自費の補綴物は耐久性があります。特にセラミックなどは、プラスチックの数倍以上の堅さがあり、強度があります。自費の補綴物というと、町田の歯医者でも料金はまちまちですが、とりあえず高いというイメージを持っている方もいらっしゃると思います。しかし、自費の補綴物は、体に対しても優しく、耐久性もあるため、美しく長持ちすると言われています。このため、自費の補綴物は、費用対効果は高いともいえるでしょう。自費の補綴物と言っても、色々な補綴物がありますので、まずは気になる方は、一度町田市の歯医者に問い合わせてみることがおすすめです。

詳しいことは、歯医者でも電話などで問い合わせてみることが出来たりもします。

もちろん、当院でも扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


カテゴリー: 豆知識

歯根破折の原因と治療

2017年9月7日 (木)

こんにちは、町田市玉川学園にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

今回は、歯根破折についてのお話しです。

 

町田市にお住いの方で、歯根破折を経験したという人がおられるはずです。この歯根破折とは名前が示す通り、歯の根が割れてしまうことです。多くの場合、歯の根が残っていれば何らかの形で治療を施すことができます。しかし根に問題が生じた場合、歯を抜かなければならないこともあります。ちなみに歯根破折の場合、歯を失う原因の第三位にランクインしており、これがいかに危険な状況かを物語っています。ここでまず覚えておかなければならないのは、これは歯の根が割れることであり、歯の見えている部分には亀裂や破損が見られないことがあるということです。そのため見た目は何ともないものの、歯が痛んだり歯茎が腫れたりする場合は、歯根破折の可能性を疑わなければなりません。そして何かおかしいと感じたなら、すぐに歯医者に行くべきです。

歯根破折の原因は様々です。まず歯をどこかにぶつけてしまったときに、根が割れてしまうことがあります。また神経まで達したむし歯を治療する場合、神経を取るのが一般的ですが、神経治療をすると、歯の根は時間とともに徐々に弱くなってきます。そのため神経のない歯に、歯根破折は起こりやすいのです。また、神経治療のあとに被せ物をする前に使用する金属の土台(メタルコア)も、歯根破折の原因となります。理想的には、メタルコアではなくファイバーコアを使用したほうがいいでしょう。その他にもブリッジや歯ぎしりなどが歯根破折を生じさせることもあります。

失った両隣りの歯を削って、連続した冠でつなぐブリッジは土台となる歯に、今まで以上の負担が加わります。それが原因でブリッジの土台にした歯が破折してしまう事もあります。寝ている間の歯ぎしりも、歯に過剰な負担がかかります。

 

そのため、普段から歯根破折が生じないように注意するべきです。歯ぎしりをする方は、歯医者でマウスピースを作ってもらい、寝る時はマウスピースを装着するようにする。歯を失った場合、安易にブリッジを選択せず、インプラントも考えてみる。また、むし歯も長く放置すると歯根破折の原因となるために、歯磨きをきちんと行うようにするべきです。また急に激しい痛みを感じたり、歯茎の腫れを発見したら、すぐに歯医者で診察してもらうべきです。


カテゴリー: 豆知識

ハイブリッドセラミックとは?

2017年9月2日 (土)

こんにちは、町田市玉川学園にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

今回は、ハイブリッドセラミックについてのお話しです。

むし歯の治療を行う上で、詰め物や被せ物の色のチョイスは大きなポイントとなります。本来、歯の治療には金属が用いられます。これには保険が適用され、さらには強度もあるために、ものを噛むために存在する歯の治療には適した素材であるといえます。しかし唯一のデメリットは、金属色が口の中で目立ってしまうということです。誰もが白くてきれいな歯をキープしたいと思うものですが、丈夫で白色をした素材を使用してむし歯を治療するとコストがかかってしまうために、仕方なしに金属をチョイスするという人がほとんどでしょう。

しかし最近では様々な素材が誕生し、それらが歯の治療に使用されるようになりました。歯の治療に用いられる白い素材といえばセラミックですが、このセラミックよりもコストを抑えたものが作られ、話題となっています。それはハイブリッドセラミックです。この素材はセラミックとプラスチックの成分で構成されているものです。しかしプラスチックが混ざっているためにコストが安く抑えられています。おそらく町田市の歯医者で治療を受けたとき、この素材について聞いたことがあるという人がおられることでしょう。

残念ながらこのハイブリッドセラミックは全ての歯に対して保険が適用されるわけではありません。それでもこれまでは保険適用外であった小臼歯の治療費が保険によってある程度賄われます。これは本当に嬉しいことです。しかしハイブリッドセラミックは強い力でものを噛む大臼歯に対してはあまり向いていません。なぜならそれほどの強度を有していないからです。大臼歯で白い被せ物をするならば、やはり耐久性に優れたオールセラミックの被せ物が良いでしょう。

このようにメリットの多いハイブリッドセラミックですが、もちろんデメリットもいくつか存在します。たとえば年数が経つと変色することがあります。また先にも少し触れたように、プラスチックが混ざっているためにセラミックに比べると強度が劣り、すり減ったり、割れてしまうこともあります。しかしデメリットといえばこのくらいで、比較的安い治療費で白い歯を取り戻せるというのは、非常に嬉しいものです。町田市には腕の良い歯医者がたくさんありますので、是非この新しい素材であるハイブリッドセラミックについて尋ねてみてください。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682