あらい歯科ブログ

インプラントとブリッジの違い

2017年7月18日 (火)

虫歯の進行などによって歯を失った場合、その後の治療方法として考えられるのが、インプラント、ブリッジ、そして部分入れ歯です。部分入れ歯は付けたり外したりするものですが、インプラントとブリッジは人工の歯を固定する治療法です。

最近は、天然の歯と同じような噛み心地が得られ、また見た目の美しさでも天然の歯と変わらないインプラント治療が人気となっています。町田市の歯医者でも、抜歯後はインプラント治療を希望する患者様が増えてきています。

インプラントは、人工の歯根(チタン製のボルト)を骨に埋め込んで、その上にセラミックの人工歯をかぶせる治療法です。人工歯根が骨に固定されるため、天然の歯と同じような強度でものを噛むことができるようになります。自分の歯に近い咀嚼能力を取り戻すことができるため、快適な食生活を送れる点が何より大きなメリットです。見た目も天然の歯と同じように自然です。また、他の歯にダメージを与えることなく、1本の歯単独で治療できるのも大きなメリットになっています。

デメリットとしては、保険が適用されないため、全額自己負担での治療となり、治療費が高額であること、また、アゴの骨に穴を開けるという外科手術が必要となるため、治療期間が長くなることが挙げられます。治療後も定期的に健診を受ける必要があります。

一方のブリッジは、失った歯の両隣の歯を削って、失った部分の歯に橋をかけるようにして人工歯冠を入れる治療法です。失った歯の両隣の歯が残っていて、大きな虫歯などがない状態である場合のみ可能な方法です。複数の歯を失った場合も治療が難しくなります。また、健康な歯を削ることになるので、長い目で見ると両隣の歯が虫歯になるというリスクがあり、また、歯を失った部分の土台となっていた骨が痩せていくというデメリットもあります。

ブリッジのメリットは、入れ歯より遥かに高い強度があること、保険が適用されるので治療費を抑えられることが挙げられます。町田市の歯医者を訪れる患者様の中にも、経済的な理由からブリッジを選択する人は少なくありません。そしてインプラントと比べると、治療に必要な期間も短くなっています。被せる歯の素材を保険適用外のものを選ぶことで、見た目の美しさを保つという選択肢もあります。しかし両隣の歯を削るというデメリットは大きく、どちらかの歯に不具合が生じた場合は3本分の治療をやり直すことになります。町田市では、将来多くの歯を残しておくために、インプラント治療を勧める歯医者が多くなってきています。


カテゴリー: 豆知識

口臭と虫歯は関係があるのですか?

2017年7月13日 (木)

自分の口臭が気になると悩んでいる人は案外多く、最近では口臭治療を専門とする口臭外来を開設している総合病院や歯科医院もあります。町田市内にも口臭治療を行っている歯医者があります。口臭の原因のひとつが虫歯です。虫歯が進行中の人、治療した歯が多い人は、特に口臭を気にする傾向があるようです。

口臭の直接の原因は、虫歯になった歯そのものではありません。虫歯による口臭の多くは、虫歯由来の臭い、または歯周病によるものです。

虫歯は、口の中の細菌が食べカスを餌にして繁殖する時に発生する酸が歯を溶かすことによって引き起こされるものです。初期段階の虫歯が口臭の原因となることはほとんどありません。

虫歯の穴の中に食べカスが詰まり、その食べカスを細菌が栄養としてまた酸を発生することになります。その酸が更に歯を溶かして虫歯がひどくなり、放置しておくと、歯の中で細菌が増殖して臭いを発生することになります。重度の虫歯の場合は、神経が死んでしまって歯根膜炎と呼ばれる状態になり、腐敗臭が出ることもあります。この場合は、はっきりと自覚できる強い臭いを発します。

また、虫歯の穴に詰まった食べカスは歯磨きだけでは簡単に取り除くことができません。そのまま腐っていくことでガスが発生し、その腐敗臭が口臭の原因となる場合もあります。

口臭が気になり、虫歯の心あたりがある人は、すぐに歯医者で診察を受けた方がいいでしょう。虫歯の進行により、ますます口臭がひどくなることも考えられますし、放置しておくと歯を失うことにもなりかねません。

治療済みの歯が多い人は、被せた金属やブリッジの隙間など口内に細菌が付着しやすい場所が多いため、口臭が発生しやすい口内環境だと言えます。食べカスが詰まっていると、更なる虫歯ができる可能性もあります。歯間ブラシやデンタルフロスも使った丁寧な歯磨きで食べカスや歯垢を綺麗に取り除くと同時に、やはり歯科医院で正しい歯磨きの指導を受けた方がよいでしょう。町田市でも歯磨き指導を積極的に行っている歯科医院が増えています。

強い腐敗臭が続く場合は、虫歯が口臭の原因となっている可能性が高いのですが、歯周病(歯槽膿漏)が進行している場合もあります。町田市の歯科医院でも、口臭が原因で歯周病が判明した例は少なくありません。いずれにしても、はっきりと自覚できる、あるいは家族などから指摘されるほど強い口臭が続く場合は、すぐに歯医者で診察を受ける必要があります。

虫歯がなくても人にはもともと生理的な口臭があります。しかし、気になるようでしたら、検診を兼ねて歯科医院で診察を受け、必要なら早めに治療することで、口内の健康を守ることができます。


カテゴリー: 豆知識

インプラントと入れ歯の違い

2017年7月8日 (土)

誰でもインプラントという言葉を一度は聞いたことがあるはずです。インプラントとは歯の治療方法のことですが、インプラントと入れ歯は何が違うのか、実はよく知らない人もいるはずです。

歯医者によってはインプラントを取り扱っていないところもあります。というのは、インプラントの治療は誰でもできるものではなく、高いスキルが必要な治療です。そのため、歯医者でも誰でもできるわけではなく、インプラントを取り扱っていない歯医者も多いです。町田市にも歯医者はたくさんありますが、インプラントにしたい場合は、事前にその歯医者でインプラントの取り扱いがあるかどうか、調べておく必要があります。

まずインプラントと入れ歯の違いですが、入れ歯はよく知られているように、完全なる義歯です。つまり自分の歯を失ってしまった箇所に、取り外し式の人工の歯をいれます。

入れ歯のメリットは、取り外しが可能、そして歯医者で入れ歯を作るのは保険適用範囲です。そのため、総入れ歯だとしても、安く作ることができます。オーダーメイドなので自分にぴったりのものができます。入れ歯のデメリットとしては、人によっては痛みがあったり、違和感があるということです。今は入れ歯安定剤も多く市販されていますが、そういったものを使用しても、自分の歯のようにはなりません。

一方のインプラントですが、メリットは自分の歯のような感触が持てるということです。歯の下にネジを1本1本埋め込むので、人工の歯でも安定感は高いです。まるで自分の歯のようにかんだり、飲食ができるため、使用感はとてもいいです。また入れ歯のように何か物が詰まるということもありません。

デメリットとしては、インプラントは保険適用外の治療です。そのため、1本につき数十万円の治療費が必要になります。治療する本数が多ければ多いほど、かなりの高額になります。また、インプラントはネジを顎の骨に埋め込む手術が必要になります。外科手術が必要になるので、はやりハードルは高くなります。治療にかかる時間も長くなります。また治療完了後も、定期的なメンテナンスが必要です。

歯医者ではインプラントのメリットデメリットを良く相談して、自分がどちらを選択するかよく考えることが大切です。

あらい歯科クリニックでは、インプラントの無料相談を随時行っています。インプラントの

相談とCT撮影は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


カテゴリー: 豆知識

メタルコアとファイバーコアの違い

2017年7月3日 (月)

私たちが何かしらの原因で歯の神経を失ってしまったとき、残った歯は空洞になってしまいます。空洞になってしまった歯の部分に、クラウンと呼ばれるかぶせ物をする必要がありますが、クラウンの土台となるものとして、コアが必要です。

コアとは建物でいうと基礎のようなもので、歯の構造においてもなくてはならないものです。そのコアは大きく分けて、メタルコアと、ファイバーコアという種類があります。町田市の歯医者でも、このメタルコアとファイバーコアと、両方扱っている歯医者があります。

どちらもメリットとデメリットがあるので、違いを良く知ってからコア選びをするといいです。まずメタルコアのメリットですが、健康保険の適用範囲なので、費用が安く済みます。しかし材料は金属なので、長年使用使用すると変色を起こし、歯が黒ずんで見えてきます。また金属アレルギーを引き起こすリスクもあります。材料が金属なので、非常に硬く、残った歯根が折れる可能性もあります。

一方のファイバーコアですが、ファイバーコアは材料がグラスファイバーとコンポジットレジンで作成されたものです。メタルとは全く異なり、柔軟性が特徴です。このファイバーコアのメリットは実に多くあります。素材自体が柔軟なので、歯根を痛めることがありません。また金属ではないので、長年使用しても変色することがなく、黒ずんでくることもありません。金属アレルギーを起こす心配もありません。

デメリットは、ファイバーコアは、健康保険適用外ということです。そのため、歯医者での治療もどうしても高額になってしまいます。

しかし、ファイバーコアの方が歯根を守るということではおすすめです。また審美の面においても、ファイバーコアの方がおすすめです。自分がコアを選ぶことになった時は、歯医者でよく相談しながら、何を重要視して決めるのかをポイントにしておく必要があります。

町田市の歯医者でも、コアの相談にのってくれます。町田市で人気がある、口コミ評価が高い歯医者もたくさんあるので、親身になって相談に乗ってくれ、さらに治療のスキルが高い歯医者選びをすることが大切です。

町田市の歯医者の口コミや評判も、WEBで簡単に調べることができます。会社帰りでも通えるような、遅い時間まで営業している歯医者もあるので、立地条件や営業時間などよくチェックしておくといいです。あらい歯科クリニックでは、初診の方はWEBから予約を取ることが出来ますので営業時間外でもスマホやパソコンからご予約いただけます。


カテゴリー: 豆知識

フルジルコニアとは?

2017年6月28日 (水)

意外に使用者が多いフルジルコニアクラウンですが、フルジルコニアにはいろんなメリットがあります。保険適用の銀歯は審美面でも嫌がる人も多いですが、かといって高価なセラミックのかぶせ物は経済的な負担が大きいです。

また歯ぎしりをしてしまう人、以前にかぶせ物がとれてしまった経験がある人にとってはフルジルコニアクラウンをおすすめします。フルジルコニアクラウンは全部で4色あります。真っ白なものから黄ばんだ色まであり、周りの歯の色に合わせて選ぶようになります。もし周辺の歯の色との違いが気になれば、色を合わせることも可能ですが、どうしても治療費は高めになります。ジルコニアはダイヤモンドの代わりとしても使用されるほど、強度は強いです。

さらに歯の治療のために改良されたジルコニアは、硬いだけではなく柔軟性もあります。今までは金属製のもので強度を強めていましたが、今ではジルコニアが代わりに使用される例が増えました。ジルコニアのメリットとしては、今までのセラミックよりも強度があること、また変色や劣化を起こさないことにあります。金属であれば長年しようすればどうしても金属が変色して、黒ずんで見えたりします。

しかしジルコニアの場合は変色を起こさないので、審美の面でも評判が高いです。またジルコニアは金属よりも軽いのが特徴です。歯全体のバランスを崩すことなく治療でき、金属ではないので金属アレルギーの心配もありません。

メリットが非常に多いです。

一方デメリットもあります。歯医者で治療する際にはジルコニアは今までのセラミックよりも透明感が少ないです。

また歯よりも硬いので、嚙み合わせの歯を傷つける可能性もあります。また歯医者で治療を行う際に、保険適用外です。そのため費用が高くなることがあります。

町田市にも多くの歯医者がありますが、町田市でもフルジルコニアを取り扱っている歯医者があります。口コミ評価を見て参考にすることもできます。

今は町田市でもWEBから予約を取ることができる歯医者もあり、会社帰りなどでも通うことができるように遅くまで診療している歯医者もあります。

素人にとってはセラミックやジルコニアの違いなどを知るのは難しいので、きちんと歯医者で説明してもらうことをおすすめします。

信用できる歯医者選びをして、なんでも歯科医師に相談して、納得できる材質選びをすることをおすすめします。町田市には人気の歯医者もたくさんありますよ。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682