あらい歯科ブログ

自費の詰め物被せ物と保険の詰め物被せ物の違い

2017年11月16日 (木)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

虫歯を治療する方法として「詰め物(インレー)」と「被せ物(クラウン)」があります。

町田市の歯医者でも治療に用いられていますが、詰め物と被せ物は保険適用か自費かにより材質が変わってくることを覚えておきましょう。

・詰め物(インレー): 保険適用の場合

「コンポジットレジン」

コンポジットレジンは、プラスチック素材の為にアレルギーが起きにくいのですが、耐久性が低く使用しているうちに変色が起きます。

「メタルインレー」

一番一般的な銀の詰め物で、耐久性は高くなりますが、

見た目が悪く、金属アレルギーが起きたり、金属の一部が溶けだして歯茎が変色することもあります。

・詰め物(インレー): 自費治療の場合

「セラミンクインレー」

強度も高く、自然な歯に近い色でキレイに仕上がります。

町田市の歯医者でも治療に多く取り入れられている素材です。

「ハイブリッドセラミックインレー」

レジン(プラスチック)とセラミックを混合させた素材です。

レジンより強く、セラミックより安いというメリットがありますが、セラミックよりも強度は低目で変色が起き易くなります。

「ゴールドインレー」

金の詰め物で、強度は高いのですが、見た目が目立ってしまいます。

・被せ物(クラウン): 保険適用の場合

「パラジウム合金」

銀の被せ物で、保険適用の場合、前から6番目以降の歯はこの方法になります。

強度が高いので強い噛み合わせにも耐えら得ますが、金属アレルギーが起きたり、金属の一部が溶けて歯茎が黒くなることがあります。

「硬質レジン前装冠」

主に前歯の被せ物として使用されます。

外側から見える部分はレジンですので白く、歯の裏側が金属になっています。

金属が入っている為に強度は高いのですが、レジンは変色し易く見た目は完璧とは言えません。

・被せ物(クラウン): 自費治療の場合

「メタルボンド」

主に奥歯に使用され、被せ物の外側はセラミックで、内側は金属となっています。

見た目も良く強度も高いので、噛み合わせがスムーズになります。

「ハイブリッドセラミッククラウン」

レジンとセラミックを混合させた素材です。

レジンよりも強く金属アレルギーも起きないのですが、変色し易くなります。

「オールセラミッククラウン」

歯の全てがセラミック素材になっています。

自然の歯と変わらない見た目で審美性が高く、歯垢が付きにくいので歯磨きも楽になります。

強度は高いのですが絶対に壊れないという保証はなく、費用も高くなります。

「ゴールドクラウン」

文字通り金歯で、さびに強く金属アレルギーや歯茎の変色が起きにくくなります。

強度も高いのですが、とにかく見た目が目立つのがデメリットです。

 

町田市には良い歯医者も多く、大抵の場合最も良い治療方法を勧めてくれます。

 

見た目と使い勝手、費用を比較して、納得のいく治療方法を選ぶ様にしましょう。


カテゴリー: 豆知識

ホワイトニングはだいたい何回通うべき?

2017年11月11日 (土)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

コーヒーや紅茶など好きな人であれば、自分の歯の黄ばみが気になることありますよね。また煙草を吸う人であれば、煙草のヤニが歯に付着して、歯が黄ばんだりします。一度が黄ばんだりしてしまえば、簡単にきれいになりません。今は着色の原因であるステインを除去する成分が配合された歯磨き粉もありますが、それでも完全に落とすことは難しいです。歯の表面自体が黄ばむのはもちろんですが、歯と歯の間の隙間まで黄ばむこともあり、そうなると見た目にも決して美しい歯とは言えません。そこで多くの人が気になるのが、歯のホワイトニングです。ホワイトニングは審美治療となり、保険適用外です。そのため、すべてが実費治療となり、高額になるのも特徴です。そのため審美歯科を希望しながらもできない、歯医者にも聞きにくいという人は少なくありません。町田市にもたくさん歯医者があり、審美歯科を行っているところもあります。WEBで検索すれば、歯医者によっての特徴や、メリットデメリット

口コミも簡単に検索することができます。町田市近辺に住んでいる人であれば、チェックしてみるといいです。歯のホワイトニングですが、どれくらいの期間通うのか、また治療費がいくらくらいかかるのか、気になる人も多いです。保険適用外のホワイトニングは歯医者によって料金の設定が異なります。そのため、参考程度ですが、オフィスホワイトニングであれば通院3回で6万円前後です。20本の歯をホワイトニングするということが目安です。しかしこれは歯医者によって料金が違うので、あくまでも参考程度です。だいたい1本あたり1000円から3000円が相場で、それが20本です。また治療は一回で終わるわけではありません。通う頻度はその人の歯の白さにもよりますが、だいたい通院が1~3回程度です。もともとの歯が黄ばんでいる人であれば、効果を実感するまでに時間もかかります。

あらい歯科クリニックでは、現在、スーパーポリリン酸ホワイト二ングを導入しております。

価格は一般的な相場よりもお安く、初回10800円、初回から1カ月以内の2回目8640円で施術させていただいております。

また年配の人よりも、若い人の方がホワイトニングの効果を実感しやすいという傾向もあります。オフィスホワイトニング以外にも、ホームホワイトニングや、デュアルホワイトニングもあります。素人には違いや特徴が分かりにくいので、ホワイトニングに興味がある人であれば、歯医者で相談することをおすすめします。

町田市にも親切、丁寧に相談に乗ってくれる歯医者がたくさんあります。町田市にもたくさん歯医者があるので、相談してみるといいでしょう。


カテゴリー: 豆知識

適切な入れ歯の手入れの仕方

2017年11月6日 (月)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

 

何かしらの理由で自分の歯を失ってしまった際に、失った歯の部分に義歯を入れる必要があります。義歯を入れないと、残った自分の歯まで歯ならびがずれてしまったり、抜けてしまう原因になります。

そのため、歯医者での治療方法としては、義歯を作ることが必要です。義歯にはいろんなタイプがあり、大きく分けて入れ歯とインプラントがあります。一般的によく知られているのは、入れ歯です。保険適用内で治療ができるので、治療費も安くすみます。さらに手入れが簡単で、認知度も広く、総入れ歯はもちろんですが、失った歯の部分だけの部分入れ歯もあります。

インプラントは保険適用範囲外なので、治療費も高額になります。また歯医者でもインプラントが実施できる歯医者は少ないです。というのは、インプラントを行うための技術を取得するのは簡単ではなく、すべての歯医者さんができるわけではありません。町田市の歯医者でも、インプラントを取り扱えるのはごく限られています。そのため、今現在ではインプラントの治療よりも入れ歯を義歯として利用している人の方が多いです。

しかし、インプラントの安全性も確立されつつある今、費用はかかりますが、取り外し式の

入れ歯よりも、固定式のインプラントを選択する人も増えてきています。

 

さて、入れ歯の手入れ方法ですが、毎日使用が終わるときれいに掃除する必要があります。ブラッシングするのですが、今は入れ歯専用の歯ブラシもあります。しかしブラッシングだけでは、きちんと汚れを落とすことが難しいです。

そのため、できるなら入れ歯専用の洗浄液を毎日使用して、きれいに清潔に保つことをおすすめします。入れ歯洗浄剤は市販されており、簡単に購入することができます。またそれほど高価ではないので、購入しやすいです。入れ歯洗浄剤を使用する際は、熱湯は避けましょう。水かぬるま湯を使用してつけます。熱湯を使用すると、入れ歯自体が変形する恐れがあります。

また入れ歯は、使用しない場合は基本的には水につけておきます。そのままつけておかなければ、乾燥してひび割れてしまいます。落としたりすると簡単に破損するので、取り扱いには注意が必要です。毎日、口に装着するものだからこそ、入れ歯のケアはとても大切です。

ケアを怠ると、口臭がしたり、歯石がつきやすくなります。それが結果として歯周病の原因になり、残っている自分の歯まで失ってしまうことにもなります。

入れ歯は手軽ですが、その分ケアに注意して、入れ歯自体を清潔にするのはもちろんですが、残った自分の歯も守りましょう。

町田市の歯医者では気軽に相談に乗ってくれますよ。WEBから予約を取ることができる歯医者もあります。


カテゴリー: 豆知識

パノラマレントゲンを撮らないといけないの?

2017年11月1日 (水)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

 

むし歯の治療を行う上で、多くの人が気になる点の一つはレントゲンの撮影でしょう。町田市に住む患者さんの中にも、できることならばレントゲン撮影は行いたくないと感じる人がおられるはずです。しかし歯医者で歯科治療を行う上で、レントゲンの存在は必要不可欠であるといえます。たとえばむし歯は歯が黒くなったり、痛みが生じた場合に発見されるのが主です。しかし中には自分では発見できないようなむし歯もあり、そのようなものはレントゲン撮影によって発見されることがあります。また、むし歯による痛みだと思っていたものが、実は歯の根の近くで生じていいた歯茎の炎症だったという状況が生じることもあります。このような症状も口頭で歯医者に伝えるだけでは、口内で何が生じているのかをはっきり知ることができません。そのため適正な治療を行い、口内を健康な状態に保つ上で、レントゲン撮影は欠かすことができないのです。

そして最近、パノラマレントゲンと呼ばれるものがよく使用されるようになりました。これは口内を全体的に撮影できるレントゲンで、より正確な情報を得ることができるものです。町田市の患者さんの中にもこのレントゲンによる撮影を行ったことのある人がおられるはずです。パノラマレントゲンの撮影によって歯や骨の中の状態を知ることができます。そのためインプラント治療を行う人に対しては、ほぼ100%使用されるものです。その他にも抜歯する場合や、むし歯の治療のために鮮明な画像が必要となる場合や、歯周病の場合などに使用されます。そしてこのレントゲンで撮影されれば顎の状態なども詳しく知ることができるために、自覚症状のない噛み合わせの狂いなども発見することができます。

インプラントや抜歯、歯周病、そして詳しい情報が必要なほどのむし歯でない限り、パノラマレントゲンによる撮影は必ず必要であるというものではありません。しかし先にも述べたように、顎骨の状況などを詳しく知ることができるために、町田市の歯医者の中には患者さんの顎の形を見て、撮影によるチェックが必要であると感じた場合はパノラマレントゲンを使用することがあります。

このように様々なメリットをもたらすパノラマレントゲンですが、これが使用されないケースもあります。それは妊婦さんに対してです。お腹の中にいる赤ちゃんのことを考慮し、妊婦さんに対してはパノラマレントゲン、並びにレントゲン撮影は行われません。そのため目視によるチェックや、患者さんの自覚症状をもとに治療がなされることになります。


カテゴリー: 豆知識

硬質レジン前装冠とは?

2017年10月27日 (金)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

 

神経まで達するような虫歯になってしまい、根管治療をした場合、根管治療が終了した後に、コアという土台を立て、その上に被せ物を装着するという方法が一般的です。そして多くの場合、被せ物には金属が使用されます。歯医者で使用される金属には強度があり、ものを噛むために存在する歯の治療には適した素材です。しかしそのような金属は歯の本来の色とは異なるために、治療個所が目立ってしまうというデメリットが存在します。特に多くの人の目につく前歯を治療した際に金属が使用されるなら、見栄えに大きな影響が及んでしまいます。恐らく町田市の中にも前歯のむし歯の治療を今すぐ行いたいものの、金属が目立ってしまうことに抵抗を感じて今一歩治療に踏み切ることができないという人がおられるはずです。

実のところ、歯の治療に使用される被せ物にはいくつかの種類があり、中には歯と同じ色をした素材のものも存在します。そのうちの一つが硬質レジン前装冠です。この素材は被せ物そのものは金銀パラジウム合金であり、人目に付く外側に硬質レジンという白い素材が用いられているものです。つまり強度のある金属が使用されるものの、見た目にも問題のない素材なのです。しかもこの治療には保険が適用されるために、セラミックを用いたときのような高額な治療費を支払う必要がありません。そのため前歯のクラウンを行う際に、最も人気のある治療法なのです。もちろん町田市の歯医者もこの硬質レジン前装冠による前歯の治療を行っていますので、安心して治療に励むことができます。

このようにメリットの多い硬質レジン前装冠ですが、当然のことながらデメリットも存在します。まず色が白いといっても、セラミックほどの透明感はありません。その理由は裏側に金銀パラジウム合金が使用されているからです。また長期間使用すると徐々に変色してしまいます。さらに長い時間が経って歯肉が退縮していくと、歯ぐきとの境目が黒く見えてしまうこともあります。そして保険が適用されるのが前歯から犬歯のみであるあるために、その他の歯に対してこの治療を施す場合は高額な費用が必要となってしまいます。

やはり、セラミックのほうが見た目が良く、耐久性も勝るわけですが、保険外のため高額なひようがかかります。しかし、歯は長く使うものですから、双方のメリット、デメリットを

良く理解した上で、被せ物を決めたほうがいいと思います。

 

町田市でこの治療を希望なさる方は、一度歯医者に行って詳しい説明を受けるとよいでしょう。そこでなされる説明に耳を傾けるなら、安心感を抱けるはずです。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682