あらい歯科ブログ

根管治療とはどのような状態のことをいうのか

2017年5月24日 (水)

歯医者では根管治療という治療があります。

これは歯の表面を治療するのではなく、歯の奥まで治療することをいいます。通常歯には1本1本神経がありますが、ある事情によって神経を取ってしまった後は、根管を消毒して薬をつめ、細菌が入り込まないようにする治療が必要になります。

そうすることで、自分の歯を長く残すことができるので、時間がかかったとしても根管治療はとても重要な治療です。町田市の歯医者でも根管治療の治療を行っている歯医者がたくさんあります。それでは根管根充治療が必要になるケースとはどんな場合か、というと、大きく分けていろんなケースがあります。

まずは虫歯が進行して、痛みが強い時です。虫歯が進行して悪化すると、歯の治療だけではなく神経を除去する必要があります。神経を取ったあとは、必ず根管治療が必要になります。他にも虫歯が原因以外でも神経を除去する必要があるケースがあります。

例えば、歯を強く打ったりしても、神経が死んでしまいます。死んだ神経を放置していると、神経が腐ってしまいます。歯医者ではそういった神経も除去します。そうでなければ、細菌が根の先まで達してしまうと、かんだ時に痛みが出るようになります。虫歯以外でも神経が死んでしまえば、根管治療が必要になります。

また歯の神経が死んでしまって時間がたつと、根の先に膿の袋ができます。歯根嚢胞といわれる膿の袋ですが、見た目でも分からないので気づきにくいです。歯医者でレントゲンを撮って初めて、膿の袋があると分かるケースがほとんどです。こういった歯根嚢胞を放置しておくと腫れや痛みの原因になるので、そういったときにも根管治療を行います。

ちなみに根管治療の方法としては、細菌によって汚染された根の中を、針金のようなものできれいに落としていきます。その後消毒して薬を入れます。細菌が繁殖しないように、再発を繰り返さないように慎重に治療を行っていきます。どうしても歯を残しながら歯の根の中の治療を行うので、慎重に、さらに時間もかかります。

しかし自分の歯を残すうえで、この根管治療はとても重要なものです。

町田市には歯医者がたくさんあります。町田市で人気の歯医者というのはいくつかありますが、事前に口コミなどをチェックしておくといいです。

自分の大切な歯を任せるうえで、信頼できる歯医者選びができるよう、情報収取をしてください。会社帰りでも通える歯医者がたくさんあるので、おすすめです。


カテゴリー: 豆知識

根治するまでにどのくらいの期間が必要なのか?

2017年5月19日 (金)

虫歯は、根治するまでにどのくらいの期間が必要なのか、疑問に思っている人は多いものです。

虫歯は一般的な病気と違って、自然に治るものではありません。歯医者で治療せずに放置してしまうと、どんどん症状が悪化してしまいます。

そのため、虫歯になったら、できるだけ早く歯医者に行く必要があるのです。

虫歯治療のために歯医者に通い始めると、どのくらいの期間で根治するのか不安になりがちです。

表面だけの虫歯は自覚症状がなく、歯医者の定期検診で見つかるケースが大半です。

表面だけの虫歯であれば、2~3回の治療で根治します。そのため、高額な治療費が掛かる心配もありません。

根の先の奥まで炎症が広まっている虫歯は、根治するまでにかなり時間が掛かってしまいます。

この状態になると、表面だけの虫歯と違って自覚症状が現れます。何もしていなくても激しい痛みが起こり、夜に眠れなくなることも珍しくありません。

このような状態にならないため、そして一日でも早く根治するためにも、歯医者に行く必要があるのです。

気が重いからと放置してしまうと、ただでさえ長い治療期間がさらに長くなってしまいます。

虫歯菌であるミュータンス菌に再感染する機会が増えたり、歯の機能が失われたりする可能性もあります。

麻酔をする機会も多いので、歯医者嫌いな人はますます嫌いになってしまうでしょう。

虫歯が表面だけのうちなら、ほとんど痛みがなく簡単に治療できるので、早めの治療をおすすめします。

虫歯を早期発見するためには、定期検診が必要です。最低でも年に一度は定期検診を受けるようにしましょう。

定期検診を受け、虫歯が見つかったらすぐに治療することを心掛けてください。そうすることで、いつまでも健康な歯を維持することができるのです。

町田市には、定期検診を受けられる歯医者が多くあります。町田市にある歯医者の多くは、院内が非常に綺麗で明るく見えると評判です。

定期検診の際は不安になりがちですが、受付の人が親身に対応してくれるのでリラックスできます。

検診の際も、細かい部分まで説明してくれたり、気を遣ってくれたりしてくれるので、安心して検診を受けることができます。

歯に関して不安を抱えている人は多いものですが、こちらから聞かずとも悩みがないか聞いてくれるので、歯に関する不安も解消されます。

町田市周辺にお住いで、これまで定期検診を受けたことがない人は、一度足を運んでみてください。

そうすれば、虫歯が根治するまでに、どのくらいの期間が必要なのかと悩むことはなくなりますよ。

 


カテゴリー: 豆知識

支台歯とは?

2017年5月9日 (火)

支台歯(しだいし)とは、ブリッジや義歯などの補綴物(ほてつぶつ)を支えるために使用される、

支えとなる歯のことです。

歯科治療における補綴とは歯が欠けたりなくなった場合に、クラウンや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。

入れ歯は紀元前2,000頃のエトルリア人の墓地から発掘されたことから、かなり古い時代から行われてきた治療法といえます。

日本でも奈良時代頃には入れ歯があったといわれています。

ブリッジとは、両脇の歯を土台にして人工の歯を橋のように架ける方法です。歯が1~2本なくなっても、その両脇の歯がしっかりしているときに行います。

しかし、支台歯となる歯には、通常の歯以上に大きな咬合力がかかるので、

それに耐えられるだけの十分な過重負担能力を有するということが条件になります。

咬合力とは、咬合の際に加わる力のことです。咬合力の平均値は男性で60kgくらい、女性で40kgくらいとされています。

しかし、中には男女問わず100kgを超える人もいるので、人によって大きく差があります。

かみ合わせが悪かったり、歯軋りなどで通常とは異なる咬合力が歯に加わると、虫歯や歯周病、顎関節症、嚥下障害などの様々な歯科的問題が発生することがあります。

通常でも歯には様々な要因で負担がかかることがありますが、支台歯には通常の歯以上に大きな負担がかかります。

また、ブリッジをするためには、両脇の歯が健康な歯であっても削らなければならないということから、健康な歯の平均寿命よりも短くなってしまいます。

このことを避けるために町田市を始め多くの歯医者さんでは、支台歯の数を減らすことが出きる治療法として、インプラントが注目されています。

町田市でも保険の土台はメタルの土台が多いです。保険外ではアレルギーの出にくい金や、アレルギーの心配のないファイバーコアがあります。

歯医者さんではアレルギーの心配のない素材を進めています。

どんなに質の良いクラウンをかぶせたとしても、土台が悪ければ全く意味がありません。

逆を言えば土台がしっかりしていれば、後からクラウンを変えることが可能になります。

しかも、土台は一度装着すると外すのが非常に困難で、無理に外そうとすると歯が割れて抜歯になってしまうことすらあります。

そのため、町田市の歯医者さんでも土台はやり直しの出来ない治療だと思い慎重な素材選択を進めています。

 

 


カテゴリー: 豆知識

セカンドオピニオンについて

2017年5月4日 (木)

町田市には腕の良い歯科医がたくさんいます。しかし当然のことながら患者さんに対して全ての歯科医が同じ治療を施すというわけではありません。そのため町田市の患者さんの中には治療に関する他の歯科医の意見を聞いてみたいと感じる人もいます。このように自分を受け持っている歯科医だけではなく、他の歯科医の意見を尋ねることを、セカンドオピニオンといいます。恐らく多くの人は「歯医者さんで治療を受ける際には、プロの意見に絶対に従うべきであり、自分が意見を述べることなどあってはならない」と感じていることでしょう。しかし実のところ、患者さんであっても歯科医に意見することは間違っていません。実際、アメリカなどでは歯医者さんでのセカンドオピニオンが一般的なものとなっています。

セカンドオピニオンには様々なメリットがあります。歯科医は患者さんの歯の状態を見て、ベストと思える治療を施してくれます。そして治療に際しては歯の状態だけではなく、患者さんの年齢や健康状態、そして経済状況なども考慮されるのが一般的です。たとえば歯が完全に抜けてしまった高齢者に対し、インプラントを勧める歯科医はあまりいません。なぜなら高齢者の顎骨は弱っていることがあり、治療に耐えることができないケースがあるからです。しかしそのような患者さんであっても、インプラントを希望する人がおられるかもしれません。担当してくれている歯科医はこの高齢者のことを考え、体に負担のかからない治療を勧めるかもしれませんが、他の歯科医が顎骨を強くする治療を施し、インプラントを施せる状態へ回復できることを説明してくれたとします。この場合セカンドオピニオンが患者の希望している治療法となるために、チョイスの幅が広がることになるのです。

もちろん町田市の歯科医も、セカンドオピニオンを求める患者さんを悪く思ったりしません。歯は顔の見栄えに大きな影響を与えますし、生きていく上で非常に大切なものです。加えて永久歯は一度失うと生えてくることはありませんので、患者さんが自分の希望について述べるのは決して間違いではないのです。ここ日本でも「歯医者さんには絶対従うべき」という考え方が徐々に変化してきています。だからといって、担当してくれている歯科医の意見を無視してもよいというわけではありません。プロが患者さんの歯の状態を考慮し、ある種の治療法を勧めているわけですから、担当医の意見には必ず耳を傾けるべきです。

 


カテゴリー: 豆知識

歯ブラシの交換頻度

2017年4月29日 (土)

町田市には健康な歯をキープするために、毎日の歯磨きを心がけている人がたくさんいます。しかし使用する歯ブラシの毛先がしっかりと歯に当たっていなければ、歯垢や食べかすなどを除去することはできません。歯ブラシは使用回数が増えるにつれて左右に開くようになり、この開きが大きくなると歯にしっかりと毛先を当てることが難しくなります。当然のことながらこのような歯ブラシでは、歯をきれいにすることはできません。では歯ブラシを交換するベストなタイミングとはいつなのでしょうか?

この点を歯医者さんに相談すると、多くの場合「一か月を目安にしてください」という答えが返ってきます。一日三回歯を磨くと、歯ブラシは一か月で約九十回使用されることになります。そのため使用から一か月後の歯ブラシはかなり使用感が出てきます。

しかし一か月間使用した歯ブラシを見ても大きな開きがないために、まだ使用できると感じることもあるでしょう。このような考え方は間違えではありません。それでも一か月後に新しい歯ブラシを購入して使用してみると、歯についた汚れが非常によく落ちるように感じられます。歯ブラシの毛そのものは長期間の使用によって弱くなることがあります。そのため開きがそれほどないものでも、汚れが落ちにくくなることがあるのです。見た目は何ともないものの、歯磨きをしても何となく汚れが残っている感じた場合は、交換時期と考えるべきです。

もしかすると一か月に一度のペースで歯ブラシを交換することは、少し早すぎる気がすると感じる人もおられるかもしれません。しかし町田市にはたくさんのドラッグストアが存在します。そのようなところへ行けば歯ブラシは非常にリーズナブルな価格で販売されています。むし歯になって治療を行うよりも、毎月歯ブラシを交換してむし歯を予防するほうが、経済的な面でも精神的な面でも安心できます。

また一か月以内であっても、歯ブラシが広がってきた場合は交換するのがベストです。また町田市のドラッグストアなどでは歯ブラシの毛が固い素材でできているものが販売されており、こうしたものを購入する人もいます。このようなものは歯ブラシの毛が丈夫であるために、比較的長く使用することができます。しかし歯医者さんは同じ歯ブラシを長期間使用することを勧めていません。その理由は歯ブラシの汚れです。細かい毛で構成されてる歯ブラシには、汚れが容易に入り込んでしまいます。加えてそれらを除くことは困難であり、汚れた歯ブラシを長期間使用すると健康に害が及ぶことがります。そのためいくら丈夫であっても、歯ブラシに汚れが溜まった場合はすぐに交換するべきです。

もし歯ブラシの交換のタイミングがいまいちわからないなら、歯医者さんに行ってその点を尋ねることができます。歯ブラシの寿命は歯磨きの仕方や歯並びによっても異なりますので、プロの意見を聞くのが一番です。

 

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682