あらい歯科ブログ

歯が欠けてしまった場合の対処法とは?

2017年8月28日 (月)

こんにちは、町田市にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

今回は歯が欠けてしまった場合の対処法について、ご紹介いたします。食事の最中に硬いものを噛んでしまって歯が欠けてしまった、転んだ拍子に歯が欠けてしまった、など、ふとしたきっかけで突然歯が欠けてしまうということがあります。また虫歯によるものや、歯軋りやスポーツで歯を食いしばるなど、日頃の習慣による歯への負担から歯が欠けてしまうということもあります。突然歯が欠けてしまったとき、どうしたら良いのかを事前に知っておくことで、緊急時に最適な対応をすることができます。最悪なケースは放置をしてしまうことです。この危険性については後述いたします。

では歯が欠けてしまった場合、一体どうしたら良いのでしょうか?一番理想的なのは、早急に歯科医院を受診することです。状態によっては、欠けた歯を再び接着させることも可能です。また歯の中には神経が通っているため、神経部に影響がないかなど、歯医者にしっかりと診てもらいましょう。場合によっては、歯の神経がむき出しになってしまっていることもあり、この時の歯の状態は非常に繊細で外部からの影響を受けやすく、雑菌などが付着すると炎症を起こして症状を悪化させてしまう恐れがあります。そのため、万が一歯が欠けてしまった場合は、自分でむやみに歯を触ったりしないようにしましょう。

具体的な歯科医院での治療については、歯の欠け具合によって異なってきます。まずは歯の神経が露出してしまっている場合です。この場合は、神経を除去してしまい、被せもの治療を行います。次に欠けた歯が脱臼している場合は、応急処置的に両脇の歯と固定させて数日間様子を見ることがあります。万が一歯が根元から折れてしまったりした場合には、欠けた歯を抜歯して、インプラント治療を行います。また欠けた箇所が小さく、更に表面的なもので神経に影響がない場合、特に抜歯などはせずに、欠けた箇所の角を落として、口内を傷つけないようにする方法があります。

ちなみに万が一放置してしまった場合の危険性についてもお話しいたします。歯が欠けてしまっても、特に痛みもなく見た目もあまり気にならないから歯医者に行く必要もない、と思われることもあるかもしれません。しかし、はっきりと目には見えなくても、欠けた歯が非常に脆弱で、更なる状態の悪化を招きかねません。また歯が欠けた部分というのは、非常に鋭利で口内を傷つける危険性もあるため、必ず放置はせずに、なるべく早めに歯科医院にいきましょう。


カテゴリー: 豆知識

千葉北サーフィン

2017年8月27日 (日)

IMG_0123.jpg IMG_0122.jpg

こんにちは、
町田市玉川学園にある歯医者の
あらい歯科クリニックの新井です
今日は、久しぶりに千葉北にサーフィンしに来ました!
北東の風の予報だったので、
昨晩、悩んだ末に千葉の北部に来ましたが、東よりの風で波はそんなに良くはなかったです。
やっぱり、御前崎だったかなー?
と思ったりしています。なかなか難しいですね〜
今日で8月最後の日曜日ですね。
夏が終わってしまうのが寂しいです。


カテゴリー: 未分類

メタルボンドとは?

2017年8月23日 (水)

こんにちは、町田市にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

今回は歯のかぶせ物の一種であるメタルボンドについてご紹介いたします。メタルボンドとは、虫歯治療などで使われるクラウンとよばれる被せ物の一つです。このメタルボンドの最大の特徴としては、外から見える部分にはセラミックを用い、見えない中身は金属素材を用いているということです。そのため銀歯などに比べると圧倒的に見栄えもよく、またセラミックを使用しているため変色しにくく人気の被せものです。その他のメリットとしては、中身に金属を用いているため強度が強く、様々な部位に使用可能です。

しかしメリットがあると同時にいくつかのデメリットも存在します。審美的な観点からすると、オールセラミックの被せものと比較すると、やはり色味の美しさは圧倒的に劣ります。とくに両者を比較してみると、透明感が大きく異なり、それ故にメタルボンドの場合は歯肉との境目の色に透明感がなく、違和感が表れます。また中身には金属を使用しているので、裏側からは金属が見えてしまいますし、装着した後に年月が経ち、歯茎が痩せ細ってしまった場合には表からも金属が見えてしまう可能性もあります。

審美的観点以外にも様々な難点があります。例えば金属を用いているために強度が強いというメリットがある一方で、非常に強い力で噛んでしまった場合にはセラミック部分が欠けてしまう恐れがあります。また中身に金属を使用しているため、素材によっては歯茎の変色や、金属アレルギーを引き起こす恐れがあります。もちろん既に金属アレルギーをお持ちの患者様には不向きです。また金額的な観点からすると、オールセラミックと比較して安価ではあるものの、部分的にセラミックを使用し見た目のよさを治療に考慮しているために、治療は保険適応外となり、比較的費用は保険診療に比べると高額になります。

こうしてみると、デメリットが多いように感じられますが、しかし患者様のニーズによってはメタルボンドは最適な被せもとなり得ます。例えば、費用はできるだけ安価に抑えたいが、銀歯のように審美性を損ないたくはない、見た目の美しさを優先したい、かといってオールセラミックは高額すぎる、その上で特に金属アレルギーではない、という方には非常にお勧めだといえるでしょう。実際に治療費がどの程度かかってくるのかは、歯科医院によっても異なってきます。まずは一度歯医者にご相談されると良いでしょう。


カテゴリー: 豆知識

歯ぎしりと歯並びの関係とは?

2017年8月18日 (金)

寝ている最中に歯を擦り合わせてしまう歯ぎしり。いびきと同じで人に聞かれると恥ずかしいですし、なにより歯を痛める行為でもあります。

歯ぎしりには歯並びが大きくかかわっていると聞きますが、実際はどうなのでしょうか?歯並びと歯ぎしりの関係について紹介していきます。

まず、歯ぎしりの一番の原因はストレスです。仕事や人間関係などのストレスから、無意識のうちに歯を噛みあわせてしまうことが多いそうです。そしてもうひとつの大きな原因が歯並びの悪さです。

実際は、歯並びの悪さと言うよりかみ合わせの悪さが原因となることが多いようです。上下の歯が適切な形で接していないと、筋肉が緊張してしまい、歯ぎしりをしやすくなってしまいます。

歯ぎしりをしてしまうと、たくさんのデメリットがあります。

そもそも、歯ぎしりにはグラインディング、クレンチング、タッピングという三つの種類があります。グラインディングはギリギリ型とも呼ばれ、上下の歯を擦り合わせることで音を鳴らすというタイプです。この場合、歯が削れて短くなってしまったり、不揃いになったりします。また、根元が弱くなってしまい、歯がぐらぐらするようになる可能性もあります。

クレンチングは、上下の歯を強く食いしばるタイプで、音がしないのが特徴です。このとき、歯には食事をしているときの10倍もの圧力がかかっており、歯の被せ物が割れたり歯が脆くなってしまう原因にもなります。

最後に、タッピングとは歯をかちかちと上下にぶつけるタイプです。こちらも歯へのダメージが大きく、歯がかけてしまったりすることもあります。歯ぎしりを治すためには、マウスピースによる予防や、歯並びの改善などがあります。

町田市にある、あらい歯科クリニックでも、マウスピースを作る事が出来ます。保険診療で

作ることが出来ますので、お気軽にお問い合わせください。


カテゴリー: 豆知識

セラミックの被せ物・詰め物のメリット

2017年8月13日 (日)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

歯科矯正や虫歯治療の分野で注目を浴びている、セラミッククラウンやセラミックインレー。歯の被せ物や詰め物にはいろいろな種類がありますが、セラミックのメリットとはなんなのでしょうか?徹底解説していきます!

まずは、セラミックという素材について説明していきます。

セラミックとは陶器のことで、審美歯科ではオールセラミッククラウンという混ぜ物のない純粋なセラミックが最も価値が高いと言われています。

セラミックのメリットは、なんといってもその高い審美性にあります。例えば、前歯の被せ物には、保険適用の硬質レジン前装冠がありますが、表面の素材はプラスチックなので、やはり作り物感がぬぐえない印象があります。色に透明感が無かったり、時間が経つと黄ばんでしまったりと、審美性がいまいちです。

セラミックは、歯の先端の薄くなっている部分の透明感や、色のグラデーションがリアルで、技工士のレベルにもよりますが、本物の歯と見分けがつかないほどです。むしろ、本物の歯よりも透明感があって美しく、見た目のためだけにオールセラミックの被せ物をする人もいます。

また、セラミックは他の素材よりも劣化が少なく、年数が経過しても白さを保っています。表面がツルツルと滑らかなため、歯石や歯垢がつきにくく、病気にもなりにくいです。金属をまったく利用していないので、金属成分によって歯茎が炎症を起こすこともないですし、金属アレルギーの方でも安心できます。

あらい歯科クリニックでも、このオールセラミックを扱っております。いつでも、お気軽に

ご相談してください。

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682