あらい歯科ブログ

根管治療の重要性

2017年9月22日 (金)

町田市の歯医者でもできる根管治療は簡単に言ってしまえば、虫歯の治療ということになります。「なんだ、虫歯の治療ならどの歯科医院でもやっていることではないか」と思われる人もいるでしょう。しかし、虫歯の程度のことを考慮すると軽い虫歯から抜歯の必要な重度な虫歯まであります。根管治療は虫歯でも比較的重度の虫歯をしっかりと治療して歯を残し、後々までにしっかりと歯の役割を果たすことができるようにする非常に重要な治療とも言えるのです。いい加減な根管治療や不完全な根管治療ではいったん歯の治療は終わっても、結局はその歯は長持ちしないことになるので、根管治療をしっかりをすることは自分の歯を残すために非常に重要な治療と言えるのです。

根管治療は、歯医者で行う、歯の中にある神経(歯髄)に炎症や感染が起こっている虫歯の神経を処理する治療です。神経にまで進んだ虫歯は痛みが出ていることが多いので、痛みを除去し感染や炎症をそれ以上広がらないようにするために神経を取ってしまいます。しっかりと根管治療がされていれば、炎症や感染が広がるのを防ぐことが出来ますから、歯は保存されますが、少しでも炎症や感染が残っていれば虫歯はますます進行していることになりますから、いずれは抜歯ということになってしまいます。このことから、いかに根管治療が歯の保存にとって重要であるかが分かるでしょう。

しかし、問題は根管治療を完璧にすることは難易度が高い治療ということです。根管治療の難易度が高くなってしまう理由は、歯は人によって形状がバラバラであるので、人によって治療方法が変わってきます。ある人にとって有効であった治療方法が別の人にとっても有効な治療方法であるとは限らないのです。根管治療ではまず治療をする人の歯の形状の正確な把握が必要となります。

そのため、根管治療は、どうしても時間と回数がかかります。しかし、この根管治療を、

しっかりと時間をかけて確実にやっておくことが、あとあとの歯の寿命につながってくるのです。

虫歯が軽度であれば、根管治療を必要とせず、少ない回数で治療が終わります。

しかし、重度の虫歯の場合、どうしても根管治療が必要な時があります。その時は、

しっかり時間をかけて根管治療をしてもらうようにしましょう。

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682