高水準の医療設備

皆様のために最適で安心な治療を目指して

あらい歯科クリニックでは、皆様の快適な生活のお手伝いをしていきたいと考えております。
患者様の不安を少なくする様に笑顔での対応を心がけ、全ての方に満足して頂けるよう、スタッフ一同努力して参ります。

医療機器のご紹介


歯科用CTを導入しています

当院は最先端の歯科用CT「RevoluX」を導入しています。

このCT装置は、歯やあごの骨を立体的に細かく診断できるだけではなく、従来の歯科用CTではできなかった骨質(骨の固さ)の診断を正確にすることができる最先端の装置です。

従来のレントゲンとの違い ~立体で把握~

従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られません。一方、歯科用CTを用いると3次元の立体画像が得られるので、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができ、より適切な診断・治療が可能になります。


従来のレントゲンとの違い ~立体で把握~ イメージ画像

他の歯科用CTとの違い

他の歯科用CTは歯やあごの骨を立体的に把握することはできるものの、骨質(硬さ)について正確に把握することはできません。一方で、当院の歯科用CTは骨質(硬さ)を正確に計測できるため、骨質(硬さ)を事前に把握しておくことが重要であるインプラント治療に特に有効です。当院の歯科用CTは数ある歯科用CTの中でも特に優れた性能を持つ装置です。

正確に骨質を把握

正確に骨質を把握 イメージ画像

金属の影響を除去

金属の影響を除去 イメージ画像

インプラント治療がより安全・確実に

インプラント治療はあごの骨の中にインプラントを埋める治療で、あごの骨がどういう形態になっているか?神経はどの位置にあるか?隣り合う歯との関係性はどうか?などを把握するために立体的に診ることが欠かせません。

そういった立体的な把握に加え、骨質(硬さ)もわかる当院の歯科用CTは他のどの歯科用CTよりもインプラント治療に最適であるといえます。


さらに安全なインプラント治療の実現

当院では歯科用CTに加え、日本トップシェアであるアイキャット社のインプラント手術支援システム「Landmark System」を採用しています。


診断・治療計画

撮影したCTデータをインプラントシミュレーションソフト「LANDmarker」に取り込み、患者さま毎のあごの骨の硬さや形、神経の位置などをより詳細に確認しながら、診断することが可能です。

手術

手術の際には診断した結果をもとにインプラントを精度高く埋入できるようサポートする手術支援器具「Landmark Guide」を作製します。より安心・安全な手術を実現するとともに手術時間を短縮し、患者さまの負担も軽減します。

その他さまざまな治療もより安全に

当院の歯科用CTは、インプラント治療以外にもさまざまな治療で有効に活用することができます。

その他さまざまな治療もより安全に イメージ画像

患者様に負担の少ない撮影

CT撮影というと大掛かりな撮影を想像されるかもしれませんが当院の歯科用CTは短時間(わずか20秒程度)で撮影が完了します。もちろん痛みも何もありません。

患者様に優しい低被ばく

被ばくについてCT撮影には被ばくが伴いますが当院の歯科用CTは低被ばくを実現した装置です。医科用CT装置の15分の1程度の被ばくで安心してご撮影いただけます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

その他医療機器・医療設備

クラスB滅菌器

手術は清潔な環境で行う必要があるため、外科器具は患者様お一人に使用するごとに滅菌を行います。滅菌とは、殺菌した状態よりも細菌の少ない環境を目指すことで、燃焼させたり、紫外線を当てたり、薬品を用いたりするなど方法は様々あります。

当院ではオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を用いて器具の滅菌を行っております。ヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアしているため、高水準な滅菌が可能です。

バキューム機能により残留空気を抜き、真空にしながら飽和蒸気を注入する工程を数回繰り返します。高温が細菌のたんぱく質を変性させ、本来の機能を失いさせます。このように、感染症対策を取り、患者様にとって安全で最善の治療環境となるよう努めております。

治療ユニット

チェアは疲れにくく、ゆったり座っていただけるものを選びました。 清潔感あふれる設計でリラックスして治療を受けられます。

電動麻酔器

電動麻酔器は麻酔液が体内に入る速度や量をゆっくりと一定にさせることができます。今までの手で行う麻酔より痛みを軽減する事ができます。

TEL 042-739-4682