インプラント

質の高い最新インプラント治療を提供。

留まることなく日々進化を続ける歯科医療。
その中でも最新のインプラント治療には特に力を入れ柔軟に対応し、患者様の症状に合わせたベストな治療をご提供出来るよう、当院では日々研鑽をしております。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代りに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、かぶせ物をして人工の歯を作る治療です。入れ歯や義歯と違い取り外しもいらず、失った歯をこれまでと同じように機能させることが可能な、画期的な治療法です。

歯を失ってしまった場合の治療方法はいくつかありますが、インプラントはその中でも唯一歯の「根っこ」を新しく持たせる治療法です。歯の根っこというのは、歯を支え、ものを噛む時の力にとても重要関わってきます。

また、入れ歯やブリッジのように、ぐらついたり、ずれたりすることや、周りの歯を傷つけてしまうことがありませんし、きれいな自然の歯に見えるという審美性に優れています。インプラントの利点として以下の3つが上げられます。


インプラント3つの特徴

優れた審美性

インプラントにより、多くの方が歯を失ってしまったことによる口元のコンプレックスを解消しています。

少ない違和感

しっかりと固定されるため、自分の歯と同じ感覚で食べることができ、以前のように食事を楽しむことが出来ます。

他の歯に負担がない

インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療するため他の歯に負担をかけることがありません。

インプラントの構造

上部構造

セラミックを用いて、天然歯と変わらない機能と、審美性の高い自然で美しい色や形を再現できます。

アバットメント

インプラントの歯根部(インプラント体)と歯冠部(上部構造)を接続するパーツです。上構構造の方向(歯の傾斜)をアバットメントにより調節することが出来ます。

インプラント体

歯に埋め込まれるインプラントの歯根部(根っこ部分)です。特殊な表面加工とチタン素材を使用しているため、歯と強く結合することが出来ます。そのため、歯を強く支えることが可能になりました。


インプラントが歯を強く支える理由

インプラントは、歯を失ってしまった場合の治療方法の中でも唯一歯の「根っこ」を新しく持たせる治療法ですが、この「根っこ」が歯をしっかりと固定し、支えてくれています。

インプラントの根っこの部分は、そしてチタンと呼ばれる金属で作られており、このチタンという金属は、 骨と非常に結合しやすい性質を持っています。 その理由には、チタンが分子レベルまで骨と非常に似た組織をしているということです。通常ですと骨の組織細胞は、顎の骨の中に埋め込まれたインプラントを異物と認識し、排除とします。

しかし、チタンは骨と同じような組織のため、骨が異物だとは思わずに、逆に結合を始めるのです。そのため、人工的に埋め込んだインプラントでも、自分の天然歯と同じように強く支えることが出来るのです。


当院のこだわり・治療の流れ


当院のインプラント治療


インプラント治療は、今や多くの歯科医院で行われています。 その中で、どこでインプラントをやるかというのが、患者様の一番悩むところだと思います。医院選びの基準としては、

  • 歯科医の経験と技術

  • 使用しているインプラントメーカー

以上の2点がとても重要になってくるでしょう。
インプラントメーカーは今や世界で100社以上ありますが、当院ではその中でも世界シェアNO.1を誇りインプラントそのものを開発した会社でもある、「ノーベルバイオケア社」のインプラントを使用していきます。

これまでに約1000本のインプラントを埋入していますが、もちろん治療の前に充分な説明をおこなってから施術します。特に入れ歯でお悩みの方、取り外しの必要も無く自分の歯のように咬めるインプラントは、とても快適です。 御相談は無料で行っておりますので事前に予約をお取りいただき、ご来院ください。



こだわりのノーベルバイオケア社のインプラント

当院では世界シェアNo1(世界標準)スウェーデン製「ノーベルバイオケア社のインプラント」を使用しております。世界初のインプラントであるため、最も長い臨床実績があり、そのため信頼性も高いインプラントシステムです。最長で約40年使用した方もおり、安心して治療を受けていただけます。

インプラント治療の流れ

一般的なインプラント治療は、以下のような流れで治療を行います。


検査・カウンセリング

まずは、インプラントを埋め込む顎の形や噛み合わせを診査するため口内の型をり、顎の骨の量や質を検査するためCT撮影を行います。
その後、検査結果のもとに症状にあった治療法を複数ご提案し、ご予算なども含め患者様とご相談しながら治療法を選択していきます。

手術

1回法の場合

1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。

2回法の場合

2回法の手術の場合は、一度目の手術の治療期間終了後、粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える二度目の手術を行います。

仮歯装着

人工歯と連結ため仮歯を装着し調節しながら、歯茎の治癒を待ちます。実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。かみ合わせや強度に違和感があれば主治医と相談し、本歯の製作に向けてデータを集めていきます。骨に開けた穴に人工歯根を埋め込みしっかりと固定させます。

最終的な歯の装着

仮歯の装着で得た情報を基に最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックして患者様に合わせた自然な人工歯を装着し、治療は完了となります。
最後に、これからのメンテナンス方法などを詳しくご説明致します。インプラントを長持ちさせるためには定期的な検診が重要です。一緒にケアして行きましょう。

治療の種類・比較・価格


歯を失った際の治療法の比較

虫歯や歯周病、突然の事故など、様々な理由でどうしても歯を失ってしまう場合があります。その際に再び噛み合わせの機能を回復させるには、いくつかの治療法があります。正しい知識で、患者様のベストな治療をご相談しながら一緒に選択していきましょう。


インプラント

新しく歯の根を作り出す最新治療です。


対応本数 1本から全ての歯を失った場合のどちらにも柔軟に対応可能。
周囲への影響 周囲の歯を削ったりはせず、歯を失った部分のみの治療で済み、健康な歯には負担をかけない。
審美性 自然の白さで美しい
清掃 健康な歯と同様に歯ブラシや歯間ブラシ等で清掃。
治療期間 顎の状態によって異なるが、4ヶ月〜1年くらい。その後も定期検診は必要。

ブリッジ

失った歯の両側に橋渡しをし、機能を回復させます。


対応本数 数本失った場合のみ対応。
周囲への影響 周囲の健康な歯を削る必要があり、装着時に周囲の歯に大きな負担がかかる。
審美性 保険適用外の材料を使用した治療であれば、自然で綺麗な口元に。
清掃 健康な歯は歯ブラシで、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。
治療期間 周囲の歯の状態によって異なるが、2週間~2ヶ月前後で装着。その後も調整が必要。

入れ歯

歯に金属の留め金をつけ、人工の歯を固定させます。


対応本数 数本失った場合のみ対応。
周囲への影響 周囲の歯に留め金をかけるため大きな負担がかかる。
審美性 留め金が見える場合があり、気にする方も多い。
清掃 はずして義歯の洗浄をする。支える歯も歯ブラシ等で清掃を行う。
治療期間 周囲の歯の状態によるが2週間~2ヶ月前後で装着。その後も調整必要。

総入れ歯

取り外し可能な人工の歯を顎の上にのせる治療法。


対応本数 全部の歯を失った場合のみ対応。
周囲への影響 顎に負担がかかり、骨がやせる。
審美性 顎の骨がやせてしまうと、口元にしわがよりやすい。
清掃 はずして義歯の洗浄を行う。
治療期間 1~2ヶ月前後で作製装着。その後も調整必要。

インプラントの治療費

歯の欠損している本数とインプラント体の本数は、必ずしも同じとは限りません。例えば、奥歯を3本失った場合でも症例によりますが、インプラント体を2本埋入し、上部構造を3歯のブリッジで製作することが可能です。

これを可能とするのが、手術で顎の骨の中に埋め入れる人工歯根部分(インプラント体)です。顎の骨の中に埋められたインプラント体は、オッセオインテグレーションと呼ばれる骨とチタンが結合する作用によって、顎の骨と徐々に結合して行きます。骨としっかり結合することで、天然の歯のように丈夫なため、ブリッジのような被せ物も可能になります。





インプラント体(1本)
250,000円(税込 270,000円)
上部構造
・ハイブリッドセラミック(1歯)
・オールセラミック(1歯)
100,000円(税込 108,000円)
130,000円(税込 140,400円)

インプラントの治療例

奥歯が1本ない症例

連続して歯が3本ない症例(上部ブリッジ使用)

当院ではインプラント治療をご検討の方に、無料相談を実施しています。まず患者様のお口の状態を拝見し、実際の治療の流れや患者様に適したインプラント治療計画をご説明いたします。また、治療にかかる期間や費用についてもしっかりお話ししておりますので、お気軽にお尋ねください。
カウンセリングはあくまでご判断いただくための材料です。すぐに答えを出す必要はありませんから、じっくりとお考え下さい。十分にご検討頂き、少しでもお役にたてれば幸いです。

TEL 042-739-4682