お悩み別メニュー

歯が痛い

歯の痛みにもいろいろあると思います。例えば食事をすると痛いとか、水を飲むとしみるとか、何もしていなくても痛むなど症状は様々です。症状に応じて、考えられる原因は以下のようになります。

症状 考えられる原因
食事すると(噛むと)痛い 虫歯、根尖性歯周炎、歯周病、咬合性外傷、智歯周囲炎など。
水を飲むとしみる 知覚過敏症、虫歯、咬合性外傷など。
温かいものを飲むとしみる 虫歯、根尖性歯周炎など。
何もしなくても痛い 虫歯、根尖性歯周炎、智歯周囲炎など。

特に、何もしなくても痛い場合には、早めに歯科医院を受診したほうがよいでしょう。

歯が痛いお悩みについて詳しく見る

つめ物・かぶせ物が外れた

金属のつめ物や被せ物が取れた場合は、取れた物を持って、なるべく歯医者に行ったほうが良いです。虫歯になっていなければ、取れた物を消毒し、歯科用の接着剤で再装着することが可能な場合もあるからです。

もちろん、取れた金属が変形していたり、歯のほうが欠けてしまっている場合は再装着出来ない事もあります。しかし、取れたまま放っておくと再装着できなくなるばかりか、取れた部分に物が詰まり、虫歯や歯周病の原因になるので、早めの受診が必要です。

つめ物・かぶせ物のお悩みについて詳しく見る

歯が欠けた

食事中に「ガリッ」と音がしたと思ったら歯が欠けていた、という経験をした方もおられると思います。原因はさまざまですが、最も多いのは「隣接面齲蝕」と呼ばれる、歯と歯の間に出来た虫歯です。

歯と歯の間から徐々に虫歯が進行し、歯の中で虫歯が大きくなり、ある日突然ガリッと欠けるというパターンです。 欠けても痛みがない場合がほとんどですが、放置すると激痛に変わることもあるため、早めに歯科医院を訪ねましょう。

歯が欠けたお悩みについて詳しく見る

歯茎から出血

歯磨きの時に歯茎から出血する場合、歯周病の可能性が非常に高いです。長い間、歯石を取っていなかったり、普段のブラッシングが不十分だったりすると歯茎が炎症を起こします。炎症のある歯茎に歯ブラシが当たると出血します。炎症を放置すると歯を支えている骨が溶けて、歯がグラグラになってしまいます、これが歯周病です。

歯茎から出血のお悩みについて詳しく見る

歯がグラグラする

重度の歯周病と考えられます。歯を支えている、歯槽骨という骨が溶けてしまうと、歯がグラグラしてきます。そのまま放置すると歯を抜くはめになってしまいます。

歯がグラグラするお悩みについて詳しく見る

お口の中がネバネバする

「朝起きた時に口の中がネバネバする」という経験をされた方がいると思います。寝ている間は、唾液の分泌が減少し口腔内が乾燥します。口腔内が乾燥すると細菌数が増加するため、口の中がネバつく原因になるのです。もし、夜、歯を磨かないで寝てしまった場合お口の中の細菌が15倍に増えると言われています。

また、歯周病に罹患している場合も口腔内の細菌が増えていますので、お口の中がネバネバします。原因は歯石です。歯石は歯ブラシで磨いても取れないので、歯科医院で取ってもらいましょう。

お口の中がネバネバするお悩みについて詳しく見る

口臭が気になる

口臭の原因には以下のようなものがあります。

症状 考えられる原因
唾液の減少による
口腔内の乾燥
原因はストレス、加齢によるものなど。
舌苔 舌の表面に付いた汚れ。
歯周病 歯垢を放っておくと歯石になり、
やがて歯周病になっていきます。
虫歯 虫歯が大きくなると歯に穴があき、
そこに食べカスが詰まって臭いの原因になります。
銀歯 銀歯は徐々に錆びていき、歯との間にスキ間ができて、
そのスキ間に食べカスが詰まり、臭いの原因となります。
入れ歯 入れ歯の樹脂の部分は吸水性があるため、少しずつ劣化し細菌も入り込んで行きます。そのため日々の入れ歯洗浄が大事ですが、これを怠ると入れ歯が臭くなってきます。また、部分入れ歯の場合、入れ歯をお口の中にいれたまま磨いていたりすると、留め金のまわりに汚れが残ってしまい、口臭の原因となります。
口臭が気になるお悩みについて詳しく見る

親知らずが気になる

親知らずは第3大臼歯とも呼ばれ、一般的には18〜20才くらいで生えてきますが、中には生えてこない人もいます。 この親知らずが生えてくる際に痛みを感じる場合もあります。

また、真っ直ぐキレイに生えてくれば良いのですが、生えきらずに歯茎が被ったままだったり、斜めに生えてきてしまった場合は歯茎が炎症を起こして腫れることがあります。これを智歯周囲炎といいます。ひどい場合は口が開かなくなることもあるため、気になる場合は早めに歯科医に相談しましょう。

親知らずが気になるお悩みについて詳しく見る

銀歯が気になる

「以前に歯医者で治療した銀歯が気になる」という方は多くいらっしゃると思います。銀歯は保険適用のため安価なところがメリットですが、その主成分は銀(シルバー)なのでお口の中で徐々に錆びていってしまいます。そのため見た目のデメリットだけでなく、再び虫歯になりやすいというデメリットもあるのです。

銀歯を白い物に替える場合、多くの症例ではセラミックを使用するため、保険外診療となります。しかし、銀歯の大きさや場所によっては保険適用で白くできる症例もありますので、一度歯科医院で相談してみた方が良いと思います。

銀歯が気になるお悩みについて詳しく見る

歯を失ってしまった(または放置)

歯を失った場合の治療方法は3つあります。ブリッジ、入れ歯、インプラントです。

ブリッジ

失った歯の両隣りの歯を削り、被せ物(詰め物)を橋渡しするように作り接着する方法。

入れ歯

留め金の付いた人工歯。残存歯に留め金を掛けるようにして入れる。取り外し式のもの。

インプラント

歯を失った部分の骨にチタン製のボルトを埋め込み、その上に人工歯を作る方法。取り外し式ではなく、自分の歯のように噛める。

歯を失ったまま放置しておくと、後ろの歯が倒れてきたり、噛み合っていた歯が伸びてきてしまいます。すると噛み合わせがズレてバランスが悪くなり、肩こりや頭痛の原因にもなります。早めに歯医者で相談しましょう。

入れ歯が合わない

入れ歯が合わない原因にはいろいろありますが、一つは加齢により顎の骨が痩せてくる事が考えられます。合わない入れ歯を使い続けていると、咀嚼能率が悪く、栄養の吸収も妨げられてしまいます。また、初めて入れ歯を作った時などは、慣れるまでに時間がかかる事もありますが、痛みがある場合は躊躇せず歯医者に行って調整してもらいましょう。

入れ歯が合わないお悩みについて詳しく見る

歯を白くしたい

日本人の歯は欧米人と違って、もともと黄色味がかっています。そして、コーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコなどの色素が少しずつ歯の表面から内部に浸透していき、さらに黄色くなってくるのです。

表面の汚れはクリーニングで落とせますが、内部にまで浸透した色素はクリーニングでは落とせません。これを白くするのがホワイトニングです。 ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2種類があります。短期間で一気に白くしたい方は、オフィスホワイトニングの方が良いでしょう。

ホワイトニングとは全く別の方法ですが、セラミックを使用して歯を白くする方法もあります。よく芸能人の方が行っておられる治療法です。これは、健康な歯を1.5mm程削って型を取り、セラミックを被せる(または貼り付ける)というもので、虫歯になっていない歯でも削る必要があります。また、ホワイトニングに比べて費用も高額になるので、歯科医とよく相談してから決めたほうがいいでしょう。

歯を白くしたいお悩みについて詳しく見る

着色汚れが気になる

お茶(緑茶、烏龍茶等々)、紅茶、コーヒー、赤ワインなどの飲み物、喫煙などにより歯に付着した着色汚れを自分で落とすのは困難です。 歯の着色が気になったら、歯医者でクリーニングしてもらうと綺麗になりますよ。

着色汚れが気になるお悩みについて詳しく見る

お口の健康予防をしたい

テレビのCMでもやっていますが、日本人の30代の3人に2人は歯周病と言われています。歯周病は普段の歯磨きだけで予防するのは難しく、歯医者で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。しかし、日本では欧米に比べると歯のメンテナンスの意識が低く、「歯が痛くなければ歯医者には行かない」という方もまだ多くいらっしゃるようです。そうすると、40代〜50代くらいになって気づいた時には歯周病で歯がグラグラ、なんて事もよくあるのです。そうならないためにも若いうちから定期的に歯医者に行き、歯石と着色を除去してもらいましょう。それが歯周病の予防になります。

同時に、お口の中をチェックしてもらい、「舌癌などの粘膜病変は無いか?」「虫歯は無いか?」「ちゃんと磨けているか?」という事も診てもらいましょう。小さな虫歯は痛みが無く、自分では気が付かない事が多いです。虫歯が小さいうちに治療をすれば、歯を削る量も少なくて済みます。目安として、3〜4ヵ月に一度のペースで、歯医者で定期検診を受けることをオススメします。

お口の健康予防をしたいお悩みについて詳しく見る

歯並びが気になる

「歯並びがガタガタ…」「すき間が空いている…」「出っ歯…」など歯並びが気になる方は非常に多くいらっしゃいます。当然矯正治療は歯並びを整えて、見た目を改善していきますが、それ以外にも全身の健康にも寄与します。

歯並びが正しくなることで、しっかりと物を噛むことができ、胃の負担(消化の負担)が軽くなったり、将来残る歯の本数が増えたりと、見た目以外の利点も多くあります。残念ながら、当院では矯正治療を行っておりませんが、矯正専門医の方をご紹介させていただけますので、
お気軽にご相談ください。

TEL 042-739-4682