あらい歯科ブログ

セラミックの被せ物・詰め物のメリット

2017年8月13日 (日)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

歯科矯正や虫歯治療の分野で注目を浴びている、セラミッククラウンやセラミックインレー。歯の被せ物や詰め物にはいろいろな種類がありますが、セラミックのメリットとはなんなのでしょうか?徹底解説していきます!

まずは、セラミックという素材について説明していきます。

セラミックとは陶器のことで、審美歯科ではオールセラミッククラウンという混ぜ物のない純粋なセラミックが最も価値が高いと言われています。

セラミックのメリットは、なんといってもその高い審美性にあります。例えば、前歯の被せ物には、保険適用の硬質レジン前装冠がありますが、表面の素材はプラスチックなので、やはり作り物感がぬぐえない印象があります。色に透明感が無かったり、時間が経つと黄ばんでしまったりと、審美性がいまいちです。

セラミックは、歯の先端の薄くなっている部分の透明感や、色のグラデーションがリアルで、技工士のレベルにもよりますが、本物の歯と見分けがつかないほどです。むしろ、本物の歯よりも透明感があって美しく、見た目のためだけにオールセラミックの被せ物をする人もいます。

また、セラミックは他の素材よりも劣化が少なく、年数が経過しても白さを保っています。表面がツルツルと滑らかなため、歯石や歯垢がつきにくく、病気にもなりにくいです。金属をまったく利用していないので、金属成分によって歯茎が炎症を起こすこともないですし、金属アレルギーの方でも安心できます。

あらい歯科クリニックでも、このオールセラミックを扱っております。いつでも、お気軽に

ご相談してください。

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682