あらい歯科ブログ

パノラマレントゲンを撮らないといけないの?

2017年11月1日 (水)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

 

むし歯の治療を行う上で、多くの人が気になる点の一つはレントゲンの撮影でしょう。町田市に住む患者さんの中にも、できることならばレントゲン撮影は行いたくないと感じる人がおられるはずです。しかし歯医者で歯科治療を行う上で、レントゲンの存在は必要不可欠であるといえます。たとえばむし歯は歯が黒くなったり、痛みが生じた場合に発見されるのが主です。しかし中には自分では発見できないようなむし歯もあり、そのようなものはレントゲン撮影によって発見されることがあります。また、むし歯による痛みだと思っていたものが、実は歯の根の近くで生じていいた歯茎の炎症だったという状況が生じることもあります。このような症状も口頭で歯医者に伝えるだけでは、口内で何が生じているのかをはっきり知ることができません。そのため適正な治療を行い、口内を健康な状態に保つ上で、レントゲン撮影は欠かすことができないのです。

そして最近、パノラマレントゲンと呼ばれるものがよく使用されるようになりました。これは口内を全体的に撮影できるレントゲンで、より正確な情報を得ることができるものです。町田市の患者さんの中にもこのレントゲンによる撮影を行ったことのある人がおられるはずです。パノラマレントゲンの撮影によって歯や骨の中の状態を知ることができます。そのためインプラント治療を行う人に対しては、ほぼ100%使用されるものです。その他にも抜歯する場合や、むし歯の治療のために鮮明な画像が必要となる場合や、歯周病の場合などに使用されます。そしてこのレントゲンで撮影されれば顎の状態なども詳しく知ることができるために、自覚症状のない噛み合わせの狂いなども発見することができます。

インプラントや抜歯、歯周病、そして詳しい情報が必要なほどのむし歯でない限り、パノラマレントゲンによる撮影は必ず必要であるというものではありません。しかし先にも述べたように、顎骨の状況などを詳しく知ることができるために、町田市の歯医者の中には患者さんの顎の形を見て、撮影によるチェックが必要であると感じた場合はパノラマレントゲンを使用することがあります。

このように様々なメリットをもたらすパノラマレントゲンですが、これが使用されないケースもあります。それは妊婦さんに対してです。お腹の中にいる赤ちゃんのことを考慮し、妊婦さんに対してはパノラマレントゲン、並びにレントゲン撮影は行われません。そのため目視によるチェックや、患者さんの自覚症状をもとに治療がなされることになります。


カテゴリー: 豆知識

朝一サーフ

2017年10月31日 (火)

IMG_0207.jpg IMG_0203.jpg

おはようございます。
町田市玉川学園にある、
歯医者のあらい歯科クリニックの
新井です。
今日は久しぶりにサーフィンしました。朝6時から辻堂で入りました。台風22号のウネリがだいぶ弱まってしまい、波は、モモ〜
コシくらいでいま一つでしたが、
空いていたので少しは乗れました。外気が寒く、冬の訪れを感じました。


カテゴリー: 未分類

硬質レジン前装冠とは?

2017年10月27日 (金)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

 

神経まで達するような虫歯になってしまい、根管治療をした場合、根管治療が終了した後に、コアという土台を立て、その上に被せ物を装着するという方法が一般的です。そして多くの場合、被せ物には金属が使用されます。歯医者で使用される金属には強度があり、ものを噛むために存在する歯の治療には適した素材です。しかしそのような金属は歯の本来の色とは異なるために、治療個所が目立ってしまうというデメリットが存在します。特に多くの人の目につく前歯を治療した際に金属が使用されるなら、見栄えに大きな影響が及んでしまいます。恐らく町田市の中にも前歯のむし歯の治療を今すぐ行いたいものの、金属が目立ってしまうことに抵抗を感じて今一歩治療に踏み切ることができないという人がおられるはずです。

実のところ、歯の治療に使用される被せ物にはいくつかの種類があり、中には歯と同じ色をした素材のものも存在します。そのうちの一つが硬質レジン前装冠です。この素材は被せ物そのものは金銀パラジウム合金であり、人目に付く外側に硬質レジンという白い素材が用いられているものです。つまり強度のある金属が使用されるものの、見た目にも問題のない素材なのです。しかもこの治療には保険が適用されるために、セラミックを用いたときのような高額な治療費を支払う必要がありません。そのため前歯のクラウンを行う際に、最も人気のある治療法なのです。もちろん町田市の歯医者もこの硬質レジン前装冠による前歯の治療を行っていますので、安心して治療に励むことができます。

このようにメリットの多い硬質レジン前装冠ですが、当然のことながらデメリットも存在します。まず色が白いといっても、セラミックほどの透明感はありません。その理由は裏側に金銀パラジウム合金が使用されているからです。また長期間使用すると徐々に変色してしまいます。さらに長い時間が経って歯肉が退縮していくと、歯ぐきとの境目が黒く見えてしまうこともあります。そして保険が適用されるのが前歯から犬歯のみであるあるために、その他の歯に対してこの治療を施す場合は高額な費用が必要となってしまいます。

やはり、セラミックのほうが見た目が良く、耐久性も勝るわけですが、保険外のため高額なひようがかかります。しかし、歯は長く使うものですから、双方のメリット、デメリットを

良く理解した上で、被せ物を決めたほうがいいと思います。

 

町田市でこの治療を希望なさる方は、一度歯医者に行って詳しい説明を受けるとよいでしょう。そこでなされる説明に耳を傾けるなら、安心感を抱けるはずです。


カテゴリー: 豆知識

虫歯の治し方

2017年10月22日 (日)

こんにちは、町田市玉川学園前にある歯医者の、あらい歯科クリニックの新井です。

 

虫歯は気が付いた時にすぐに歯医者に行かないと、悪くなることはあっても良くなることはまずありません。

歯科検診でお馴染みの通り、虫歯は「C0~C4」までの5段階のレベルに分けられます。

町田市で虫歯治療をしなければと思っている人は、虫歯のレベルによりどの様な治療法があるのかを知っておいた方が良いでしょう。

・虫歯レベルが「C0」の場合

虫歯レベル「C0」は、虫歯ではありませんが「虫歯になりかけ」の状態です。

歯の溝の部分が黒っぽくなり初め、その他の部分が白っぽくなってくることもあります。

この段階では痛みはありませんので、歯医者でも削らずに自然治癒を推奨することが多くなります。

治療方法としては、歯の表面にフッ素を塗り、歯質を強化して再石灰化を促し、虫歯を改善するのが最善策です。

市販のフッ素配合の歯磨き粉を使用する人もいますが、歯医者で治療に使用するフッ素は、市販のものよりも濃度が濃く効果が高くなります。

・虫歯レベルが「C1」の場合

虫歯レベル「C1」は、歯が変色して、小さな穴があいてしまった状態です。

黒や茶色に変色しているのですが、まだ歯の表面のエナメル質が浸食されただけですので、痛みはありません。

時折つめたいものがしみて気が付く人もいます。

穴があいてしまった場合には自然治癒はまず難しいと言えます。

通院も数回で済み、比較的短期間で治療ができるので、早いうちに治療をしましょう。

治療方法としては、麻酔をして、虫歯になった部分を削り取り、詰め物(インレー)を作る為の型を取ります。

約1週間に出来上がった詰め物を入れて噛み合わせを調整します。

最近ではプラスチック素材の「コンポジットレジン」を詰めて終わらせることもあり、町田市でも採用している歯科医院も多く通院も1回で済みます。

・虫歯レベルが「C2」の場合

虫歯レベル「C2」は表面のエナメル質の下にある、象牙質まで浸食された状態です。

食事の際にしみて、食べる時に痛みを伴います。

治療法としては「C1」と同様に削って詰め物をするのですが、削る際にかなり痛みを感じますので、もちろん麻酔をして治療します。早めに治療を受けることが大切です。

 

 

・虫歯レベルが「C3」の場合

虫歯レベル「C3」は、虫歯が歯髄(歯の神経)にまで浸食している状態で、常に痛みを伴い日常生活が困難になる人もいます。

鎮痛剤が必要になり、とにかく早く治療をすることが大切です。

治療方法としては、虫歯を削った後に「リーマー」というツールを使用して、歯髄の中を掃除します。

その後薬剤を注入して被せ物をしますが、治療には長い時間と期間を必要とします。

例えば、大臼歯と言われる奥歯の場合、平均6〜7回かかります。

・虫歯レベルが「C4」の場合

虫歯レベル「C4」は、歯冠部分がほとんど浸食されて溶けてしまい、痛みも感じない状態です。

しかし放っておくと歯根まで浸食されて膿が出る程ににります。

この段階では、歯を残しての治療は困難です。

抜歯をした後にブリッジや入れ歯をするか、インプラントの選択をすることになります。

町田市で虫歯に悩んでいる人は、以上を参考に自分の虫歯の状態でどの程度の治療になるかを見て、これ以上進行しない様に一刻も早く治療を受けるのがおすすめです。


カテゴリー: 豆知識

ハイブリットセラミックとは?

2017年10月17日 (火)

虫歯の治療には状況に合わせて様々な方法があります。

町田市でも歯医者により治療法の選択肢が多く、「ハイブリッドセラミック」という治療法を勧められることもあります。

しかしハイブリットセラミックと聞いてもすぐにどんな治療なのか分かる人は少ないものです。

一体どの様な治療法で、どんな特徴やメリットがあるのか知っておきましょう。

・「セラミック」と「ハイブリッドセラミック」の違いとは

虫歯の治療方法で、「セラミック」は陶器の素材を用いたものです。

「ハイブリッドセラミック」は、「レジン」という樹脂素材にセラミックの細かい粒子を混ぜて作られた素材です。

レジンとセラミックの中間というよりはレジンに近い材質で、セラミックと同様に、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)に使われます。

レジンのメリットとして「値段が安い」「適度な柔軟性があり、自然な噛み合わせが可能」という点があります。

そしてセラミックのメリットは「変色や劣化が少ない」「天然の歯とほぼ同じ見た目」「金属アレルギーがおきにくく、歯茎が変色する心配がない」という点があります。

ハイブリッドセラミックは、レジンよりも見た目が自然な歯で強度があり、セラミックよりは費用が安くなるという、それぞれの特性を一歩リードする素材になるというメリットがあります。

なお、町田市に限らず多くの地域でハイブリッドセラミックのことを単に「ハイブリッド」と呼ぶこともあります。

つまり、歯医者が「ハイブリッドインレー」「ハイブリッドクラウン」と言った場合、それは「ハイブリッドセラミックインレー」「ハイブリッドセラミッククラウン」のことだと思って良いでしょう。

ハイブリッドセラミックでの治療法として、噛み合わせの際にあまり強い力が加わらない前歯と小臼歯に使用することができます。大臼歯にも使用することが出来ますが、

強い力で噛み砕くことが必要な大臼歯は、セラミックの方が向いていると言えます。

但し審美性に関してはセラミックの方が優れていますので、前歯はセラミックとハイブリッドセラミックのどちらかを自分で選ぶ様に勧められることが多くなります。

 

・保険適用について

ハイブリッドセラミックは、現在、小臼歯のクラウンに関して保険診療が適用される様になりました。金属製のクラウン(被せ物)よりは見た目が良いですが、金属のクラウンに比べ、

破折や脱離のリスクが高いです。

「ハイブリッド」という言葉が付くと、それだけ素晴らしい素材かと思ってしまいますが、現在のところやはりセラミックの方が審美性も強度も優れている素材です。

しかし、コストが低くてすみますので、その魅力もあります。

町田市で虫歯治療を受けたいと思ったら、是非ハイブリッドセラミックも選択肢に入れて検討できる歯医者を選びましょう。


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682