あらい歯科ブログ

メタルコアとファイバーコアの違い

2017年7月3日 (月)

私たちが何かしらの原因で歯の神経を失ってしまったとき、残った歯は空洞になってしまいます。空洞になってしまった歯の部分に、クラウンと呼ばれるかぶせ物をする必要がありますが、クラウンの土台となるものとして、コアが必要です。

コアとは建物でいうと基礎のようなもので、歯の構造においてもなくてはならないものです。そのコアは大きく分けて、メタルコアと、ファイバーコアという種類があります。町田市の歯医者でも、このメタルコアとファイバーコアと、両方扱っている歯医者があります。

どちらもメリットとデメリットがあるので、違いを良く知ってからコア選びをするといいです。まずメタルコアのメリットですが、健康保険の適用範囲なので、費用が安く済みます。しかし材料は金属なので、長年使用使用すると変色を起こし、歯が黒ずんで見えてきます。また金属アレルギーを引き起こすリスクもあります。材料が金属なので、非常に硬く、残った歯根が折れる可能性もあります。

一方のファイバーコアですが、ファイバーコアは材料がグラスファイバーとコンポジットレジンで作成されたものです。メタルとは全く異なり、柔軟性が特徴です。このファイバーコアのメリットは実に多くあります。素材自体が柔軟なので、歯根を痛めることがありません。また金属ではないので、長年使用しても変色することがなく、黒ずんでくることもありません。金属アレルギーを起こす心配もありません。

デメリットは、ファイバーコアは、健康保険適用外ということです。そのため、歯医者での治療もどうしても高額になってしまいます。

しかし、ファイバーコアの方が歯根を守るということではおすすめです。また審美の面においても、ファイバーコアの方がおすすめです。自分がコアを選ぶことになった時は、歯医者でよく相談しながら、何を重要視して決めるのかをポイントにしておく必要があります。

町田市の歯医者でも、コアの相談にのってくれます。町田市で人気がある、口コミ評価が高い歯医者もたくさんあるので、親身になって相談に乗ってくれ、さらに治療のスキルが高い歯医者選びをすることが大切です。

町田市の歯医者の口コミや評判も、WEBで簡単に調べることができます。会社帰りでも通えるような、遅い時間まで営業している歯医者もあるので、立地条件や営業時間などよくチェックしておくといいです。あらい歯科クリニックでは、初診の方はWEBから予約を取ることが出来ますので営業時間外でもスマホやパソコンからご予約いただけます。


カテゴリー: 豆知識

フルジルコニアとは?

2017年6月28日 (水)

意外に使用者が多いフルジルコニアクラウンですが、フルジルコニアにはいろんなメリットがあります。保険適用の銀歯は審美面でも嫌がる人も多いですが、かといって高価なセラミックのかぶせ物は経済的な負担が大きいです。

また歯ぎしりをしてしまう人、以前にかぶせ物がとれてしまった経験がある人にとってはフルジルコニアクラウンをおすすめします。フルジルコニアクラウンは全部で4色あります。真っ白なものから黄ばんだ色まであり、周りの歯の色に合わせて選ぶようになります。もし周辺の歯の色との違いが気になれば、色を合わせることも可能ですが、どうしても治療費は高めになります。ジルコニアはダイヤモンドの代わりとしても使用されるほど、強度は強いです。

さらに歯の治療のために改良されたジルコニアは、硬いだけではなく柔軟性もあります。今までは金属製のもので強度を強めていましたが、今ではジルコニアが代わりに使用される例が増えました。ジルコニアのメリットとしては、今までのセラミックよりも強度があること、また変色や劣化を起こさないことにあります。金属であれば長年しようすればどうしても金属が変色して、黒ずんで見えたりします。

しかしジルコニアの場合は変色を起こさないので、審美の面でも評判が高いです。またジルコニアは金属よりも軽いのが特徴です。歯全体のバランスを崩すことなく治療でき、金属ではないので金属アレルギーの心配もありません。

メリットが非常に多いです。

一方デメリットもあります。歯医者で治療する際にはジルコニアは今までのセラミックよりも透明感が少ないです。

また歯よりも硬いので、嚙み合わせの歯を傷つける可能性もあります。また歯医者で治療を行う際に、保険適用外です。そのため費用が高くなることがあります。

町田市にも多くの歯医者がありますが、町田市でもフルジルコニアを取り扱っている歯医者があります。口コミ評価を見て参考にすることもできます。

今は町田市でもWEBから予約を取ることができる歯医者もあり、会社帰りなどでも通うことができるように遅くまで診療している歯医者もあります。

素人にとってはセラミックやジルコニアの違いなどを知るのは難しいので、きちんと歯医者で説明してもらうことをおすすめします。

信用できる歯医者選びをして、なんでも歯科医師に相談して、納得できる材質選びをすることをおすすめします。町田市には人気の歯医者もたくさんありますよ。


カテゴリー: 豆知識

海、上がりました〜(^-^)

2017年6月27日 (火)

Image1498523755371.jpg

先ほど、海から上がりました。
波は、あんまり良くはなかったです。
でも、時おり晴れ間があり、海水浴気分でした。来週も、海入れるかな〜?


カテゴリー: 未分類

梅雨空サーフ

2017年6月27日 (火)

おはようございます!
町田市玉川学園にある歯医者の、
あらい歯科クリニックの新井です。

今朝は、5時前に起きて、湘南に来ました。まだ、潮が多いので、車のなかで
少し休憩中です。

久しぶりのサーフィンで楽しみです。


カテゴリー: 未分類

歯間ブラシとフロス、どちらを使うべきですか?

2017年6月23日 (金)

歯間ブラシとフロスのどちらを使う事が望ましいのか、まずは両者の特徴の違いを知ってから対応する必要があります。

歯間ブラシと言うのはフロスと比較すると使い方が簡単であるものの、歯周ポケットまで届く事が難しいという弱点もあり、フロスならば歯周ポケットまで到達して汚れを取り除けるものです。

フロスは歯茎へのダメージも小さいという特徴があり、歯間ブラシは使われている素材が歯茎にダメージを与えてしまう可能性が高いと言えます。

歯間ブラシの使用頻度が高すぎると、それによって歯茎を痛めるだけではなく歯も削られてしまう事もあり、フロスの場合は素材が糸になっていますから、こうしたリスクも少ないです。

フロスは使い方に慣れるまでが面倒な事も多く、その点では歯間ブラシの方が使いやすい面がありますが、慣れてしまうと効率的に歯垢を取り除く事が出来ます。

歯間ブラシもフロスもいずれにしても歯と歯の隙間についた汚れを除去する道具であり、健康状態の歯茎の場合は歯と歯の隙間は狭くなっていて、ブラシを無理矢理通せば傷付くリスクがありますから、フロスの使用を基本として行う方が安全です。

しかし、歯周病等によって歯茎が下がった状態の方は、歯と歯の間の隙間が大きくて、こういう場合は歯間ブラシの方を選択した方が汚れが取りやすいと言えます。

町田市の歯医者では、こうしたブラシやフロスの使い方を指導してくれる所もあり、町田市の歯医者で歯のクリーニングを行ってもらう時に、ブラシのサイズや使用方法の指導、どのように道具を選んで活用すれば良いか指導してもらえます。

個人によって口腔内の環境は違いますから、健康状態によってはいずれを選択すれば良いかは変わるものです。

ですから町田市周辺の方は近くの通える歯医者に定期的に健診に行き、そこで口腔内環境に合うブラシやフロスを選択してもらう事が有効と言えます。

相性の合う道具や使い方が解ると、それによって口腔内を健康に保つ事が出来る可能性が高くなり、歯と歯を支える歯茎を良い状態に保つサポートになりえるものです。

若年層はまだ歯と歯に隙間が少ない事からも、歯間ブラシを入れる事が難しい場合が多く、フロスでなければ歯の間を掃除する事が難しいですが、最近では細い歯間ブラシも存在していて、様々な年齢層の方が利用出来るようになっています。

 


カテゴリー: 豆知識

TEL 042-739-4682